知英は母親に手作りの食事をわざわざ韓国から空輸してもらっていた

2月25日(日)10時15分 アサジョ

 母親の味が一番美味しいというのは万国共通の感覚だろう。だが元KARA知英(ジヨン)が母親に送ってもらっていたのは、まさかの手作り料理だった! 2月20日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)で明かした知英の知られざる一面についてテレビ誌のライターが驚く。

「この日は『まかない飯グランプリ』と題して、各芸人がバイト先のまかない料理を知英にふるまうことに。ここで料理芸人のうしろシティ・阿諏訪泰義が『聞くところによると知英さんは家では料理をほとんどせず、韓国のお母さんから食事を送ってもらってる』とのエピソードを明かしたところ、知英も『そうなんですよ』と認めたのです。彼女によると、韓国から空輸してもらった手料理を冷凍し、それを解凍して食べているのだとか。なかでもチゲなど温かい料理をよく食べているようです」

 これには視聴者からも「手料理って空輸できるの!?」と驚きの声が続出。ちなみに配送業者によっては生ものを送れないところもあるが、国際郵便(EMS)では密閉状態が良ければ発送が可能だという。実際、韓国の土産物店では「キムチ日本に送ります」というところも少なくない。それにしてもわざわざ母親から手料理を送ってもらうとは、それも韓国の食文化なのだろうか。

「知英は韓国で活動していた時も、母親に作ってもらった弁当を持参することで有名だったんです。実家はソウルから電車で1時間ほどなので、毎日お弁当を作ってもらうことも難しくなかったのでしょう。そして日本で女優活動を始めた際には、ロケ弁が用意されていることに驚いたのだとか。実は韓国の芸能界にはロケ弁の文化がなく、ドラマや映画の撮影現場では『食堂車』(シクタンチャ)と呼ばれるキッチンカーが温かい料理を提供するのが当たり前なのです」(韓流に詳しい芸能ライター)

 この日の番組収録では果たしてロケ弁を食べていたのか。そこもファンにとっては気になるところかもしれない。

(白根麻子)

アサジョ

「知英」をもっと詳しく

「知英」のニュース

BIGLOBE
トップへ