『知らなくていいコト』重岡大毅はどこまで落ちるのか…「闇落ちカウントダウン」動画公開

2月25日(火)20時0分 クランクイン!

 女優の吉高由里子が主演を務めるドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。19日に放送された第7話では、重岡大毅演じる野中春樹が、真壁ケイト(吉高)の出自の秘密を他社の週刊誌記者にリークするという衝撃の“闇落ち”展開が繰り広げられた。26日の第8話の放送を控え、重岡の好演が話題を呼んでいる野中の“闇落ち”までの歴史をまとめた映像が公開された。 本作は、週刊誌編集部を舞台に、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、主人公が記者としてだけではなく、人として成長していく姿を1話完結で描く“お仕事系ヒューマンドラマ”。大石静のオリジナル脚本で、吉高が自信家ながらも母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで仕事も恋も絶好調の毎日を送る主人公・真壁ケイトを演じ、重岡のほか、柄本佑小林薫、佐々木蔵之介らが共演する。

 公開されたのは、「闇落ちカウントダウン『もっと知りたい…野中のコト』」と銘打たれた、野中の第1話から第7話の“闇落ちまでの歴史”をまとめたスペシャル映像。ケイトへのプロポーズ撤回から、急接近した小泉(関水渚)との突然のキス、そして他誌への情報リークなど、注目のシーンが満載となっている。野中がこの先、いったいどこまで落ちるのか、これからの行動にさらに注目だ。

 第8話では、襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトが大ネタの真相を追うため取材に奔走するが、ついにケイトが殺人犯・乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、さらなる逆境に立たされる姿が描かれる。

 水曜ドラマ『知らなくていいコト』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

クランクイン!

「知らなくていいコト」をもっと詳しく

「知らなくていいコト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ