『ドキドキスパイク』ファン・スンオン、バレーボール選手に変身

2月25日(木)11時46分 KEJNEWS

【25日=KEJ金善花】20日にソフドットコム(http://www.sohu.com/)とソフTV(http://tv.sohu.com/)で公開されたウェブドラマ『ドキドキスパイク』が、3月2日の韓国配信を前に、バレーボールの女神に変身したファン・スンオンのスチールカットを公開した。

本作は、整った外見と実力で成長していくバレーボールの女神セラ(ファン・スンオン)あある日、全国ビリの男子高校生バレーボールチームのコーチを任されることになり始まる物語。男子高校生のジェウン(ソン・ジェリム)とロマンスを繰り広げる予定。

スチールでファン・スンオンはピンクのユニフォームを着用してカリスマをアピール。負けず嫌いなバレーボール選手に完璧になりきっている。さらに汗をかいてコートでスパイクを打つ姿は、本当の選手のようだ。

さらにユニフォームからは彼女のスタイルの良さもうかがえる。健康的な魅力の持ち主セラというキャラクターを魅力的に誕生させた。

制作会社は「ファン・スンオンはバレーボールの女神セラを演じきるために1日に6時間のバレーボール練習をしたりと多くの努力をしている。その分、完璧な姿を見せるだろう」と伝えた。

なおドラマ『ドキドキスパイク』は全20話となっており、3月2日よりケーブルテレビVOD、ネイバーNストア、GOMTVほか配信サイト、通信会社を通じて公開される。(写真=キム・ジョンハクプロダクション)

KEJNEWS

「バレーボール」をもっと詳しく

「バレーボール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ