『好きになって』ユ・アイン、チェ・ジウ、カン・ハヌル、愛らしいキャラクターで観客を魅了

2月25日(木)12時5分 KEJNEWS

【25日=KEJ金善花】SNSの“いいね!”ボタンを押しているうちに本当に好きになってしまったロマンスを描いた『好きになって』が公開直後から大きな関心を集めている。

映画『ベテラン』『思悼』でスクリーンを席巻、ドラマ『六龍が飛ぶ』にも出演中のユ・アインの初のラブコメ映画とあって世間は大きく注目している。

劇中ユ・アインは韓流スターに変身。これまで見たことのないような可愛らしく愛らしい魅力を発散する。気になる女性のSNSが見たくて友達申請をするが、なかなかできないと悩む姿は新鮮だろう。

そしてドラマ『2度目の二十歳』、バラエティ『花よりおじいさん』で活躍しているチェ・ジウもちょっと抜けている客室乗務員に変身、ボケっぷりで可愛い面を見せる。パク・ヒョンジン監督は「可愛くて、愛らしくて涙も多い、絶対に憎めないキャラクターとしてシンクロ率が高かった」とキャスティング理由を明かした。

さらに女性経験のないピュアボーイになったカン・ハヌルの純粋で女性に振り回される姿も観客の心をくすぐっている。

映画『好きになって』は韓国で絶賛上映中。(写真=CJエンターテインメント)

KEJNEWS

「ユ・アイン」をもっと詳しく

「ユ・アイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ