『ドラゴンボールZ』新作映画は流血シーンを抑えてる!? NHKが取り上げた日本アニメの海外戦略

2月25日(水)22時30分 おたぽる

海外輸出を視野に入れた“標準化”の例として挙げられた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』公式サイトより。

写真を拡大

 2月23日に放送された『クローズアップ現代』(NHK)では、「逆襲なるか 日本アニメ 〜海外輸出・新戦略の行方〜」として、日本アニメの海外進出とその戦略について特集していた。その戦略とは、表現においては「アニメの標準化と現地化」、ビジネスにおいては「海外へのネット配信の強化」。番組を下地に、改めてこれらのテーマを振り返ってみよう。

 まず、海外戦略が注目を集める背景には、"日本のアニメが海外で人気"と言われてから久しいものの、アニメ製作企業の海外売上が右肩下がりとなっている現状がある。この海外売上(推定)は2005年の313億円をピークに、2013年には169億円まで減少(日本動画協会調べ)。その理由について、番組に登場した電通コンサルティング・シニアディレクターの森祐治氏は、日本の映像作品全体での売上低迷を指摘する。また、識者として登場したジョン・イーサム氏は、これまで日本側にこうしたコンテンツを海外に売るためのノウハウが培われなかったとしていた。

 その打開策として、番組で挙げられたのが「アニメの標準化と現地化」と「海外へのネット配信の強化」だ。番組では紹介されなかった周辺事情と共に見ていきたい。

 まず、アニメの"標準化"とは、企画段階から海外の層を意識したアニメ作りを指す。同番組では、老舗のアニメ制作会社・東映アニメーションを取材。同社が製作を手がけている『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(国内では今年4月公開予定)は、世界各国の表現規制に配慮し、流血シーンをできるだけ避けるという"標準化"がなされているそう。

 日本アニメの表現と海外での規制については、ファンの間でもたびたび話題に上るテーマだ。血の描写以外にも、キャラクターの持つタバコや銃が改変されたり、女の子キャラのスカート丈が長くなるなど、日本のアニメは放送される国に合わせてさまざまな修正が入ることも多い。極端な例では、インドネシアでアニメ『クレヨンしんちゃん』が「ポルノ」と指摘されたこともある。"標準化"はアニメを輸出産業とする際、こうした摩擦を減らすための事前策といえるだろう(もちろん、表現の萎縮を懸念する意見や改変自体に拒否感を示す声もある)。

 あわせて注目を集めているのが"現地化"、いわゆるローカライゼーションだ。番組では、イタリアで先行放送予定の『ルパン三世』新シリーズを取り上げる。アニメ製作にあたり、現地を徹底取材し、このシリーズのルパンのジャケットはイタリア人の好みである"青色"になるという。ほかにも、ワインやサッカーといった"イタリア受けする要素"をシーンに織り込んだ作品作りを志向する。文化的影響力があるとされるイタリアを起点にヨーロッパ全域への波及や日本での話題性といったことも見越しているようだ。

 ローカライゼーションで有名なのは、やはりディズニーだろう。2013年の映画『プレーンズ』ではヒロインが公開される国や地域によって、名前やカラーリングが変更されていることが注目を集めた。また、昨年のヒット作『アナと雪の女王』でも、吹き替えを始めとした同社の徹底したローカライズ戦略がヒットの一要因であるという指摘も多い。そのほか、昨年はアメリカで『ドラえもん』がローカライズされたことでも話題に。近年、注目を集めるローカライズが業界のスタンダードとなるか......動向を注視したい。

 一方、ビジネス面で注目を集めているとされるのが、「海外へのネット配信の強化」だ。番組には『シドニアの騎士』を制作したポリゴン・ピクチュアズの塩田周三社長が登場。『シドニアの騎士』は、5000万人の会員数を誇るアメリカの動画配信サイト「NETFLIX」と契約、配信をすることで利益を上げたという。これには、深夜帯での放送権料だけでは制作費の回収が見込めないという背景があった。こうしたかいあってか、『シドニアの騎士』は今年4月より第2期の放送が控えている。

 また、番組では株式会社アニメコンソーシアムジャパンをクローズアップ。14年11月に設立され、今年4月から本格事業開始となる同社は、株式会社アニプレックスや株式会社サンライズほか、株式会社バンダイナムコホールディングスなどと共に、アニメ関連商品を扱うECサイトや海外向け動画配信のプラットフォームを展開するという。

 アニメといったコンテンツは、日本で放送された直後から字幕のついた"ファンサブ動画"がネット上にアップロードされ、かねてより問題視されていた。こうした状況に対し、14年には海賊版問題を周知するためのプロジェクト「M.A.G (Manga-Anime Guardians)PROJECT」が開始されるなど、常に対応策が模索されてきた。海賊版の撲滅は、正規ルートでの流通と表裏一体といえるだけに、海外配信はビジネスにおいて重要度を増し続けるだろう。

 今回、番組で取り上げられたテーマは、周辺の動きも騒がしく、今のアニメ業界で大きく取り沙汰されるものといえる。"クールジャパン"という言葉が廃れた今、こうした取り組みがどのように実を結ぶのか、今後も注目したい。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ