自殺した瑛太父 焼肉店立て直しに500円ランチチャレンジも客5人

2月25日(金)17時0分 NEWSポストセブン

 瑛太(28)の父・永山博文さん(享年55)は、2月16日に東京・板橋区内の自宅マンションで自らその命を絶った——どうして彼は命を絶つほど追い込まれたのだろうか。


 現在、自殺の原因とみられているのが、2年前に手術した頸椎ヘルニアの影響で不眠が続き、体調不良になっていたという悩みと、お店の経営不振で借金に苦しんでいたというものだ。博文さんの親友がこう語る。


「借金がなかったとはいえないと思います。店を始める際に、自己資金のほかに運転資金として500万円ほど公的機関の融資を受けていましたから。最近は、“売り上げが落ちてるんだ”なんて愚痴をこぼすこともありました。何とか立て直そうと思案して、昨年末にはワンコイン(500円)で食べられるランチ営業に挑戦したのですが、1日5人しか来なくて人件費のほうがかかって、すぐにやめてしまいました」


 亡くなる直前にはこんな姿も目撃されている。「1週間くらい前の夕方に会ったときは、店の前で、頭を抱え込むようにして、何となく塞ぎ込むような感じでしたね」(近所の住民)


 やはりお店の経営について悩んでいたことは事実のようだ。そんな父の悩みに瑛太たち三兄弟も気がついていたようで、今年1月半ばにはこんな会を開いていたという。


「店の経営がやや下降気味だったのを心配した息子3人が、突然、集まって博文さんと飲みに行って、励ましたそうです。最後の父子4人の団らんの夜だったんでしょうね。“いい息子に恵まれたよ。おれも頑張らなきゃ”といっていたのが印象に残っています」(前出のの親友)


 しかし、博文さんにしてみれば、息子たちの思いがわかるだけに、なおさら本当の苦しい胸の内を明かすことができなかったのかもしれない。


※女性セブン2011年3月10日号

NEWSポストセブン

「自殺」をもっと詳しく

「自殺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ