前夫の子供に? ダル&聖子が「妊娠4か月」にこだわる理由

2月25日(水)16時0分 NEWSポストセブン

「妊娠6か月以上」を否定するダルの真意は?

写真を拡大

 2月23日、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28才)は、交際中のレスリング元日本代表・山本聖子(34才)が妊娠していると発表した。このニュースについて、スポーツ報知が「妊娠4か月」、スポーツニッポンが「妊娠6か月以上」と報じると、ダルはツイッターで《×妊娠6ヶ月以上→○妊娠4ヶ月》と投稿。どうも妊娠期間にこだわっているようだが──。


 山本聖子との熱愛をスクープしただけでなく、古閑美保やMALIAといった数々の女性とダルとの熱愛を追い続けてきた女性セブンは、2月26日発売の2015年3月12日号で、ダルが妊娠期間にこだわる事情について詳しく伝えている。一体どんな事情があるのだろうか?


「彼にとって“妊娠6か月以上”というのは不都合な真実なんですよ」。そう言うのはあるメジャー関係者だ。


「妊娠6か月以上ということを認めると、昨年11月に熱愛宣言した時点ですでに聖子さんのお腹に新しい命が宿っていたことになるからです」(メジャー関係者)


 2006年、聖子はハンドボール元日本代表の永島英明(37才)と結婚するも、昨年10月上旬に離婚が成立した。その直後のダルとの熱愛発覚ということで不倫疑惑も浮上していた。


 聖子と永島は、離婚成立前から別居状態にあったというが、この離婚成立時期が今ダルを悩ませているようだ。


「日本の法律では、聖子さんのお腹にいる赤ちゃんのパパはダルではなく前夫の永島さんになるんです。だからすぐに入籍とはいかないということなんでしょう」(スポーツ紙関係者)


 デイライト法律事務所代表の宮崎晃弁護士が説明する。


「それは民法772条に【婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する】という『300日規定』が定められているため、山本氏のお腹にいる赤ちゃんの父親は前夫の子供と推定されます。これは山本氏が出産する場所が、日本でもアメリカでも、日本で判断する場合は同じと考えられます」


 父親が前夫の子供ではなく、ダルの子供と認めてもらうためにはどうすればいいのか?


「子供が出生してから1年以内に、前夫が家庭裁判所に“嫡出否認の訴え”を提起するのが原則です。ただし、前夫が海外赴任、服役、長期間別居で事実上の離婚状態にあった場合など、離婚後300日以内に生まれた子供でも、父親が前夫ではないと裁判所が判断した例もあります。この場合、ダルビッシュ氏や山本氏、生まれて来る子供などの利害関係者が“親子関係不存在の訴え”を裁判所に提起することができます。


 今回のケースも、例えばアメリカ滞在中に山本氏が妊娠し、夫のいる日本に帰国していなければ、前夫の子供を妊娠したと考えるのは不自然であるため前夫の子供ではないと判断される可能性はあります。ただし、この判断に対して裁判所は慎重であるため、ケースバイケースといえます」(前出・宮崎弁護士)


 ダルは生まれてくる子供を認知すると話しているというが、その認知も、前夫の子供ではないと認められて初めて可能になるという。


「嫡出否認の訴えも、親子関係不存在の訴えも、裁判までには早くとも数か月〜半年近く、争うことになれば1年以上かかると思います。この規定は、100年以上前の明治時代に、子供の福祉のため、父親のいない子供を生み出さないように定められたものです。しかし現在はDNA鑑定もできるようになっていますし、いずれ見直される可能性もありますが、今すぐにというわけではありません。


 つい先日、離婚後に女性の再婚を6か月間禁止する180日規定について、最高裁が初めての憲法判断を示すとみられる訴訟がありましたが、300日規定に関してはそういった段階にはまだないですね」(前出・宮崎弁護士)


 日に日に大きくなる聖子のお腹。赤ちゃんは、前夫との離婚成立から300日以内の初夏に生まれてくる予定という。


※女性セブン2015年3月12日号

NEWSポストセブン

「ダルビッシュ」をもっと詳しく

「ダルビッシュ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ