『奪い愛、冬』の怪演が評判の水野美紀に視聴者が気遣いの電話

2月25日(土)7時0分 NEWSポストセブン

『奪い愛、冬』にハマる人が続出

写真を拡大

 いよいよ、3月3日に最終回を迎える連ドラ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)。今、女子高校生たちに大人気の遊びがある。1人の生徒が「ここにいるよぉぉぉ!」と叫びながらロッカーをぶち破って飛び出し、周囲が逃げ回る。


 実はこれ、『奪い愛、冬』のマネ。水野美紀(42才)演じる蘭が、主人公の光(倉科カナ・29才)と夫・信(大谷亮平・36才)の不倫を見破るワンシーンだ。


 2月10日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも、星野源(36才)と指原莉乃(24才)がこのドラマにハマっていると大盛り上がり。光に騙されていないと主張する信に対し、蘭が「違わないよぉぉぉ!」と絶叫するシーンをマネしていた。


 回を追うごとに、出演者はますます常軌を逸していく。


 蘭はGPSで信の行動を監視し、隠しカメラで光とのキス現場を盗撮。光に執拗な嫌がらせを繰り返し、信には体外受精のために精子凍結許可証へのサインを迫る。「足が疼くのぉぉぉ」と言って信にさすらせた後は、ペディキュアをお願い。「足を舐めて、一本一本しゃぶって…」。時に犯罪をも厭わない怪演に、視聴者は釘付けになっている。


「水野さんは12月に妊娠を発表したばかり。視聴者からは“身重の体で大丈夫でしょうか”という問い合わせが来るほどです」(テレビ局関係者)


 ドラマは互いの腹を探り合い、裏切りといじめを繰り返す泥沼の修羅場だらけだが、現場の休憩時間は想像できないほど和やかだという。


「水野さんと倉科さんはすごく仲がいいんです。撮影の合間には “この前、私が甘いものを差し入れたから、次は辛いものがいいね” と差し入れの相談をしているみたいですよ」(別のテレビ局関係者)


 同ドラマのHPによると、次回以降、水野は《ますます取り乱していく》という。


※女性セブン2017年3月9日号

NEWSポストセブン

「奪い愛、冬」をもっと詳しく

「奪い愛、冬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ