気象予報士・森田正光 名古屋人の見栄っ張りは欠点だが必要

2月25日(日)16時0分 NEWSポストセブン

名古屋市出身の気象予報士・森田正光さん

写真を拡大

 都市ブランド・イメージ調査で「行きたくない街No.1」になったことがある名古屋市。しかし、2016年度には推計4727万人の観光客が訪れ、過去最高を記録するほどになった。そんな名古屋市の魅力について、名古屋市出身の気象予報士・森田正光さん(67才)が語った。


 * * *

 昔から名古屋はいい街なんですよ。観光客数が史上最高を突破したのは、それが改めて日本中に知られたからだと思います。


 やっぱり名古屋って“中途半端な街”だからいいんです。東京と大阪の中間にあって、代表的な観光地もない(苦笑)。でも、中途半端だから、都会なのに田舎の文化が残っている。だから人間関係も濃密。


 都会にもかかわらず、一度親しくなれば、ずっと親切にしてくれて、温かい。その代表例が喫茶店文化だと思う。また名古屋訛りも温かみがあって優しさを感じますよね。


 ただ、名古屋人はひねくれていて、例えば東京を訪れて、スカイツリーを見たとするでしょ。その場では「たいしたことねえわ」とけなすんですが、まだスカイツリーを見たことのない人に伝えるときには「とにかくでかくて、スゴい」と自慢として語る。この辺が名古屋人の難しいところ。


 だから、今回の観光客数のニュースも表面的には「たいしたことねえ」って言うと思うんです。でも、内心はむちゃくちゃ喜んでいるはず。「やっとわかったか!?」って(笑い)。この見栄っ張りなところは名古屋人のダメな部分だと思うんですが、モチベーションを上げるには必要な気もする。


 やっぱり名古屋には独自の文化を保ち続けてほしい。それが今後の名古屋の発展に繋がると思うんです。


※女性セブン2018年3月8日号

NEWSポストセブン

「名古屋」をもっと詳しく

「名古屋」のニュース

BIGLOBE
トップへ