パンサー向井慧、2日前に“彼女と別れた理由”を告白

2月25日(日)15時0分 Techinsight

2日前に彼女と別れたことを告白した向井慧

写真を拡大

お笑いトリオ・パンサー尾形貴弘菅良太郎・向井慧)のインタビュー動画が、このたび公開された。珍しくリクルートスーツを着て、今春に新生活を迎える人たちに向けてメッセージを送った3人だが、その中で向井が2日前に彼女と別れたことを告白、さらにその理由も明かしている。向井と言えば、かつて「よしもと男前ランキング」で1位に輝いたこともあり、さぞモテるのだろうと推測されるが、なぜ別れることになったのか。

パンサーの3人が、Webサイト『Windows PC 四十八手』(https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/windows-pc-48/)に登場し、Windows 10が搭載されたPCでできる48のことを「技」として紹介している。マジメな顔をして、それぞれの技に合わせたポーズをバッチリ決めているのだ。


その撮影の裏側を聞こうと、3人にインタビューが行われた。動画『【Windows 10】Windows PC 四十八手 パンサーさん特別インタビュー』では、まず「撮影でいろいろなポーズをとったこと」について質問。尾形貴弘は「ねむらせ光線」の技でとった“片手を前に突き出して指を差すポーズ”が、自身の「サンキュー!」のポーズと同じだと主張。しかし「“サンキュー”みたいな感じでとか(カメラマンが)絶対に言わなかった。言って欲しいじゃん!」と不満をぶちまけた。「ねむらせ光線」は夜は心地良く眠れるように自動でブルーライトを調整する機能なのだが、向井慧が「効能としては“サンキュー”は“ねむらせ光線”と一緒ですよね?」と確認すると、尾形が「一緒じゃねーわ!」と即効で否定した。


続けて向井が「僕、2日前にほんと彼女と別れたばっかりで」と切り出した。驚く2人から「なんで別れたの?」と聞かれて、向井は「オススメの漫画を(彼女に)紹介したんですよ。『これ読んで』って。そしたら『読まない』って言うのね」と漫画が引き金になり「(それで)もめていたら別れていました」と事の顛末を明かした。それでも「しっかり思い出たくさんためているので、思い出を流したいと思います」と、撮りためた写真を映像にする技「思い出ながし」を活用したいと前向きに語った。


先日、福島の山の中で滝行をして、「テンションの落ち着いた俳優をやった方がいいと言われた」という尾形。昨年3月9日にサンキュー婚をした尾形は自宅を購入したこともあり、今年は“俳優”として新生活を迎えたいと意気込んだ。動画で尾形が最後に新生活を迎える人へ向けて「がんばれー! がんばれー! がんばれー!」と絶叫したが、尾形もそのぐらいの頑張りが必要な年になりそうだ。

http://youtu.be/mTSx81tPiM4

Techinsight

「向井慧」をもっと詳しく

「向井慧」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ