『ハッピー・デス・デイ』監督最新作『ザ・スイッチ』公開日、2021年4月に再決定 ─ 地味な女子高生&中年殺人鬼のボディスイッチ・ホラー

2月25日(木)8時0分 THE RIVER

ザ・スイッチ

ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督とブラムハウス・プロダクションズが再びタッグを組んだ新作ホラー映画『ザ・スイッチ』の新たな公開日が、2021年4月9日(金)に決定した。当初は同年1月15日(金)に公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。未体験の入れ替わりホラーが遂にやってくる。

女子高生のミリーは、家では夫との死別を嘆いて酒に溺れる母と、警官である姉との板挟みの日々、学校では嫌がらせに耐える日常を送っていた。ミリーの慰めは、親友であるナイラとジョシュ、ふたりと過ごす時間だけ。地味で退屈な高校生活を過ごしていた。

ところがある夜、ミリーは連続殺人鬼のブッチャーに短剣で襲われてしまう。その結果、ふたりの身体が入れ替わってしまった。24時間以内に入れ替わりを解除しなければ、二度と元の身体には戻れなくなるといい……。

ザ・スイッチ© 2020 UNIVERSAL STUDIOS ザ・スイッチ© 2020 UNIVERSAL STUDIOS

ミリー役には、『名探偵ピカチュウ』(2019)『スリー・ビルボード』(2017)のキャスリン・ニュートン、ブッチャー役には、『ドッジボール』(2004)『ブルータル・ジャスティス』などのヴィンス・ヴォーン。そのほか、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』のセレステ・オコナーがナイラ役、『ザ・ゴールドフィンチ』(2019)のミーシャ・オシェロヴィッチがジョシュ役を演じる。

映画『ザ・スイッチ』は2021年1月15日(金)全国ロードショー。

『ザ・スイッチ』公式サイト

THE RIVER

「殺人」をもっと詳しく

「殺人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ