「電波少年」坂本ちゃん、「しくじり先生」で語られなかった意外な才能とは?

2月26日(日)17時59分 アサ芸プラス

 2000年代前半、「電波少年」(日本テレビ系)の企画「東大一直線」で大ブレイクしたものの、その後は苦労の連続──。2月20日放送の「しくじり先生 スペシャル」(テレビ朝日系)に出演したお笑い芸人、坂本ちゃんのことである。

 番組では、ブレイク当時の最高月収が900万円に達していたと明かしたほか、多額の金銭を無心されたことにより、肉親と連絡を絶っていることを赤裸々に告白した。

 現在は週に一度、知人が経営する新宿ゴールデン街のバーでアルバイトをし、家賃4万円台のアパートに住んでいると語った坂本ちゃんだが、番組では伏せられた素顔についての証言が聞こえてきた。

「坂本ちゃんは毎週金曜に店にいるのですが、繁盛していますよ。初めてお店に来た男性客にも『あんた、胸を見せなさいよ!』なんて冗談を飛ばしていて、いい雰囲気です」

 こう語るのは、坂本ちゃんのバーに通うライターである。

「『しくじり先生』では坂本ちゃんの活動が低迷しているような紹介をしていましたが、実はこのところ、再浮上のきっかけになるような『意外な才能』を発揮しているんですよ。それは似顔絵です。親しみやすく、かつ前衛的で独特の作風。お店で作品を見て『書籍化したい』なんて言ってる出版プロデューサーもいますし、似顔絵で再ブレイクも十分ありえます」

 芸能界の頂点とドン底を体験した坂本ちゃん。新境地で再び話題になることができるか。

(白川健一)

アサ芸プラス

「電波少年」をもっと詳しく

「電波少年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ