「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?

2月26日(水)17時30分 アサ芸プラス

 2月19日放送の吉高由里子主演「知らなくていいコト」(日本テレビ系)の第7話の視聴率は9.5%で、前回に出してしまった同ドラマ最低視聴率の8.4%から盛り返した。

 今回は、衝撃的な展開だった。吉高演じる真壁ケイトが「週刊イースト」編集部内で仕事をしている最中、前話で「夫の不貞を暴いてほしい」という相談をケイトにしていた桜庭和美(三倉茉奈)にナイフで刺される襲撃に遭い、トドメを刺されそうになる瞬間、怯むことなく身を挺してケイトを守ろうとした元彼・尾高由一郎(柄本佑)まで刺され重傷を負う、という衝撃の展開となった。

 芸能ライターが言う。

「この一連の大騒動で、週刊イースト編集部がある出版社に、大勢のマスコミが駆けつけたわけですが、“ケイトが殺人犯の娘なのかも”というのが足かせとなってケイトと婚約破棄した・野中春樹(重岡大毅)=ジャニーズWEST=が、ライバル週刊誌の記者にその“ケイトの秘密”をバラす、というこれまたとんでもない行動に出る展開になりました」

 重岡扮する野中には、以前よりネット上には〈重岡君の彼氏役が結婚をやめる理由がデリカシーなさ過ぎて、それ以降見るのもイヤな位の存在になっていた〉〈第2話以降にも暗い表情全面で登場。もうほんと要らない!〉など、野中の屈折した闇の深いキャラに不満を持つは決して少なくなかった。それが、今回はますますヒートアップし、〈男から見ても気持ち悪い〉〈自分が闘争心なくて、活躍できないのをひがんで、あんなことするなんて〉などの批判の声が続々。さらには〈重岡くん、これ以上嫌いになる前に見るのやめた方が良さそう…と思ったり〉の声に見られるように、ジャニーズファンさえもが引いてしまったようだ。

「また、配役の妙に、≪ひと昔前なら、ジャニーズタレントが吉高の相手役で、柄本さんがヒール役ってところが、逆の配役でおもしろい≫と感心する意見もありました。そして批判が集まった重岡にも、自分から結婚するのは無理と婚約破棄しながらもケイトと尾高が仲良くしていることに嫉妬し、自分を慕う彼女(関水渚)と付き合っていても、仕事もできてみんなから頼られる存在のケイトが気になって仕方がない…という繊細で難しい役どころを体当たりで演じていると共感する声もありましたね。尾高と野中のコントラストがドラマに引き込む大きな要素になり、それぞれの立ち位置をしっかりと魅せることに成功したようです。今後のさらなる数字アップも期待できますね」(前出・芸能ライター)

 物語も終盤だが、そろそろ一番のキーマンと言えそうなケイトの父親役・小林薫がどのような渋い芝居を見せてくれるのかも含め、視聴者の期待は高まっているようである。

(島花鈴)

アサ芸プラス

「知らなくていいコト」をもっと詳しく

「知らなくていいコト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ