主題歌は宇多田ヒカル! 玉森裕太も「ゾクゾク」『パラレルワールド・ラブストーリー』予告

2月26日(火)7時0分 シネマカフェ

『パラレルワールド・ラブストーリー』(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

写真を拡大

Kis-My-Ft2玉森裕太主演で東野圭吾の小説を映画化した『パラレルワールド・ラブストーリー』の主題歌が、宇多田ヒカルの「嫉妬されるべき人生」に決定。併せて、楽曲が使用された予告編と最新ポスタービジュアルが到着した。



本作の主題歌「嫉妬されるべき人生」は、昨年リリースされた宇多田さんの7枚目のアルバム「初恋」に収録されている楽曲。リリース時に曲を聞いた森義隆監督が「これしかない!」と熱望してオファーしたところ、宇多田さん側がその思いを受けて快諾。主題歌の決定に至ったという。

公開された予告編では、そんな宇多田さんの主題歌が挿入され、2つの世界に迷い込んでしまった玉森さん演じる崇史が、目が覚める度に変わる世界の中で真実を追い求めていく姿が映し出される。

愛する麻由子(吉岡里帆)と恋人同士の世界と、麻由子が親友・智彦(染谷将太)の恋人になっている世界——。数々の“謎”も映し出され、一体、真実の世界はどっちなのか…と、謎が謎を呼ぶ予告編に仕上がっている。


主題歌について「エンドロールで宇多田さんの曲が流れた途端、来た! という感じでゾクゾクしました」と聴いた感想を明かす玉森さんは、「完成した映画を見た帰り道に、すぐダウンロードしました」とすぐお気に入りの1曲となったそうで、「もともと宇多田さんの曲の世界観や歌がすごく好きだったこともあって、今もよく聞いています」とコメントしている。

また、予告編と併せて到着したポスタービジュアルには、<世界が変わりまくる驚愕の108分 真実の世界は、どっちだ?>というコピーと共に、崇史役の玉森さん、一つの世界では崇史の恋人、もう一つの世界では崇史の親友の恋人として存在するヒロイン役の吉岡里帆、崇史の親友役の染谷将太と、3人が顔を寄せ合う2種類のカットが使用されている。

『パラレルワールド・ラブストーリー』は5月31日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「主題歌」をもっと詳しく

「主題歌」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ