E-girlsが初のハリウッド映画主題歌担当!アリシア・ヴィキャンデル主演『トゥームレイダー』

2月26日(月)18時54分 映画ランドNEWS

3月21日(水・祝)に公開される映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』の日本版主題歌が、若者に絶大な人気を誇るE-girlsの「DYNAMITEGIRL」に決定した。同グループがハリウッド映画の主題歌を担当するのは初となる。


トゥームレイダー


誕生から20周年を迎え、世界的人気を博すゲームシリーズ「トゥームレイダー」を原作とする本作。ロンドンの大学に通いながらバイク便の仕事で生計を立てていたララ・クロフトが、7年前に失踪した冒険家である父親の死の真相を突き止めようと旅に出るさまが描かれる。


『リリーのすべて』などで知られるオスカー女優アリシア・ヴィキャンデルを主演に迎え、新生ララ・クロフト=トゥームレイダーが始動する。共演に『300<スリーハンドレッド>』のドミニク・ウェスト、『ヘイトフル・エイト』のウォルトン・ゴギンズ、『香港国際警察』のダニエル・ウーが名を連ね、監督は『THE WAVE/ザ・ウェイブ』のローアル・ユートハウグが務める。


E-girlsとのコラボレーションについて、配給元であるワーナー・ブラザース映画は「女性らしくもありながら前に向かう強さとたくましさを追求しているE-girlsさんは、トレジャー・ハンターとして初めてのミッションに立ち向かう主人公のララ・クロフトを体現している存在だと思います。彼女たちのパワフルで美しいパフォーマンスを通して、ララのトレジャーハンティングをより一層身近に感じていただけたらと思います」とコメント。


本作のために書き下した楽曲「DYNAMITEGIRL」は、次々に降りかかる謎と幾重にも仕掛けられた罠に立ち向かう主人公ララのくじけない強さを表しており、本作をより華やかに彩る。楽曲「DYNAMITEGIRL」は2月28日(水)発売のシングル「Pain, pain」に収録される。



E-girls コメント




初めてハリウッド映画の主題歌を担当するということでとても興奮しています。この映画では主人公のララが、強く、賢く、どんな困難にもくじけずに立ち向かっていくところが描かれていると聞きました。私たちもそんなララを応援したいと思うと同時に、私たちの新曲で映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』をパワフルに、そして美しく盛り上げていきたいと思います。


新曲「DYNAMITE GIRL」には“謎”や“罠”といった「トゥームレイダー」にちなんだ歌詞がちりばめられていて、次々に降りかかる試練に立ち向かっていくララのくじけない強さを歌ったパワフルな楽曲です。この楽曲を通じて、戦いに挑むララの背中を一押しできればと思います。


映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は3月21日(水・祝)より全国公開


©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「主題歌」をもっと詳しく

「主題歌」のニュース

BIGLOBE
トップへ