最強ゴースト“ガラッカ”との対決に緊迫感高まる!『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』日本版ポスター&メイキング解禁

2024年2月26日(月)12時0分 クランクイン!

映画『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』より、新旧バスターズが勢ぞろいし、氷漬けになったニューヨークを背景に最強ゴースト“ガラッカ”が立ちはだかる緊迫の日本版ポスターが解禁。さらに撮影の舞台裏をとらえたメイキング写真も到着した。

 『ゴーストバスターズ』シリーズ最新作である本作の舞台は、太陽が降り注ぐ真夏のニューヨーク。猛暑のビーチで老若男女が海水浴を楽しむ中、海の向こう側から突如として巨大なつららが大量出現。悲鳴を上げながら逃げ惑う人々をよそにその勢いはとどまらず、一瞬にしてニューヨークの街は氷河期さながらの氷の世界に—。日々、ゴーストバスターズとしてニューヨークの人々をゴーストから守っているスペングラー家は、その元凶が全てを一瞬で凍らせる<史上最強ゴースト>であることを突き止めるが…。果たしてゴーストバスターズは前代未聞のパワーを持つゴーストによって奪われた夏を取り戻すことができるのか—?

 この度解禁となった日本版ポスターでは、新旧ゴーストバスターズが大集結。前作ではゴーストにひょう依されて災難続きだったゲイリー(ポール・ラッド)を中心に、右側には初代バスターズのイゴン・スペングラー博士の遺志を継いだスペングラー家のフィービー(マッケナ・グレイス)、トレヴァー(フィン・ウルフハード)、キャリー(キャリー・クーン)の新生バスターズが並んでいる。左側には初代バスターズのピーター(ビル・マーレイ)、レイ(ダン・エイクロイド)、ウィンストン(アーニー・ハドソン)が並び、ゴーストバスターズ史上最大のピンチを前に各々が決死の表情を見せている。バスターズは皆おなじみのつなぎを着ているが、ゲイリー、フィービーら一部のメンバーは鮮やかなレッドカラーが印象的な防寒ジャケットを着用しており、彼らの新衣装にも注目だ。

 バスターズの下には第二の氷河期のごとく凍結したニューヨークを背景に、バスターズの専用車両「ECTO−1(エクトワン)」が不気味に立ちはだかる巨大なゴーストに向かって走っていく様子が捉えられている。シリーズ史上最強とされる大きな角と鋭い指が特徴的なこのゴーストだが、今回、名前が「ガラッカ」であることが新たに判明。全てを一瞬で凍らせるパワーを持つガラッカに対してバスターズはどのように対抗するのか。そして、バスターズとガラッカが縦に並んだ構図の左右には「全世界、氷結。」「バスターズ集結。」と本作を象徴するコピーが添えられ、シリーズ最大のスペクタクルな展開を期待させる仕上がりとなっている。

 メイキング写真には、ゴーストバスターズのユニフォームを着用して笑顔でポーズを決めるスペングラー一家や、ゴーストトラップを前に談笑するフィービー役のマッケナ・グレイス、ポッドキャスト役のローガン・キム、ギル・キーナン監督の姿を捉えたカットなど、チームワークの良さがうかがえる写真となっている。

 映画『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』は、3月29日より全国公開。

クランクイン!

「ゴーストバスターズ」をもっと詳しく

「ゴーストバスターズ」のニュース

「ゴーストバスターズ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ