バナナマン日村、ビンタされても「ニコニコしていた」 握手会「神対応」に称賛の声

2月26日(日)16時22分 J-CASTニュース

ラジオで「ビンタ事件」に言及(画像は「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」公式サイトのスクリーンショット)

写真を拡大

バナナマン日村勇紀さん(44)が、インターネット上で話題になっていた「ビンタ事件」にラジオ番組で言及し、「神対応」ぶりが話題になっている。

バナナマンは2017年2月18日、都内でDVD発売記念のトーク&握手会を開催。この時、日村さんがファンの1人に突然平手打ちされるトラブルがあり、複数の参加者がツイッターで報告していた。


日村「本当にビックリしすぎちゃって、何もできなかった」


25日未明放送の「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオ系)で、相方の設楽統さん(43)がこの話を持ち出すと、日村さんは苦笑しながら経緯を語った。


曰く、ファンから「ビンタしていいですか?」と聞かれた日村さんは「なんでビンタすんだよ!」と返しつつ、「軽くだったらいいかな」と思ったのだという。しかし実際のビンタは、想像をはるかに上回る強さだった。


「パーンッてきたから、本当にビックリしすぎちゃって、何もできなかったの。は?ってなって。何この状態って。痛いとかそういうんじゃなくて」

設楽さんは叩く音で初めて気づいたといい、


「俺らそんなに握手会があるわけじゃないから、極力なんか言われたら応えてあげようと思うけど、ビンタとかされ出したらもう終わりだよ」

と話す。ただ一方で、今回のビンタの背景には、バナナマンの日頃の掛け合いや「世界観」がファンに勘違いされてしまった部分もあるとみて、


「俺らの世界観が伝わっちゃったから。『俺があいつを作りだしたモンスターだ』って、俺はぶっちゃけ、日村さんに申し訳ないと思った」

と、ある種の「責任」を感じていたようだ。


設楽「エスカレートして刺されたり、鉄の棒で殴られたりしたら危ないじゃん」


日村さんは「俺みたいなキャラクターだと、逆にイジられて得する部分もいっぱいある」とし、ビンタについても「ぶっちゃけ俺は嫌とも思ってない」と話す。ただ、「ビンタされて握手会やらないのもちょっと違うのかな」という意見に対しては、設楽さんが「ダメだよ。エスカレートして刺されたり、鉄の棒で殴られたりしたら危ないじゃん」と反論。その上で、


「今度やったらやり返すからな。覚えておけよ。ただじゃおかねーぞこの野郎!」「今後そんななら、剣道のお面とか小手とか付けたままやるからな!」

などと、ジョークを交えつつファンをけん制していた。


「ビンタ事件」の日、ツイッター上には参加者から「日村さんはビンタされた後もニコニコしていた」「設楽さんは『それはダメだよ』と優しく注意していた」といった趣旨の声が上がり、ネット上では「神対応」だとして多くの称賛を呼んでいた。


25日のラジオでも、「神対応」ぶりは健在だった。ビンタ事件の話題では、ファンにしっかり釘を刺しつつも、終始笑いを織り交ぜながら和やかに話を展開していた。


そのため、番組を聞いたリスナーたちからは


「ビンタのくだりまで笑いに変える2人。心が広い」

「ラジオ聴いてからますますバナナマン尊いと思うた」

「やっぱバナナマンさんかっこよすぎます!」

との声がネット上にいくつも寄せられた。

J-CASTニュース

「バナナマン」をもっと詳しく

「バナナマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ