羽生結弦、大好きアニメキャラと会話 「恥ずかしい...とても恥ずかしい...」

2月26日(月)13時13分 J-CASTニュース

羽生結弦選手(2014年4月撮影)

写真を拡大

平昌冬季五輪・フィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)は2018年2月25日、大好きなアニメのキャラクターからインタビューを受けた。

感激した面持ちでインタビューを受ける羽生選手に、「可愛い」「完全にオタクの反応」といった反響が寄せられている。



「おっ白金木になった」



25日夜、テレビ東京系で放送された「ピョンチャンオリンピック2018総集編」では、羽生選手のインタビューの模様が放送された。その中で、羽生選手へ男性声優・花江夏樹さん(26)からのメッセージ動画が贈られるという一幕があった。



花江さんは、羽生選手が大好きだという漫画原作のアニメ「東京喰種 トーキョーグール」の主人公・金木研の声を担当している。動画では金木の声で羽生選手に話しかけた。



花江(金木)「羽生選手、オリンピック連覇おめでとうございます。(金木が働いている喫茶店に)おいしいコーヒーを飲みにきてくださいね」

羽生「ぜひぜひ」

花江(金木)「僕もオリンピック見てました。素晴らしい戦いぶりでしたね」

羽生「恥ずかしい...とても恥ずかしい...ありがとう金木くん」

花江(金木)「今回は怪我から見事な復活でした。強い気持ちを持ち続けるのは大変だったんじゃないですか?」

羽生「大変だったんですけど、でもたくさん応援してくださる方がいたんで、すごく勇気をもらえました」


花江さんは「ありがとうございました!...最後に」といって、ここで声色を変えて、「羽生選手」と呼びかけた。羽生選手もすぐさま「おっ白金木になった」と反応。作中で花江さん演じる金木は覚醒すると、通称「白金木」と呼ばれる、白髪モードのビジュアルになる。アニメなどでは白金木になると、通常よりも声が低くなっていた。



白金木モードの声で花江さんに「改めて、金メダルおめでとう」と言われると、羽生選手は


「ありがとうございます。ははぁ〜」

とひれ伏すポーズと取った。さらに


「僕を感動させたんだ。僕に喰われても仕方ないよね」

と言われると、羽生選手は「もちろんです」くいぎみに言って、


「ぜひ喰べてください」

と両手を広げた。「東京喰種」は人を喰らう怪人「喰種(グール)」を描いた作品で、金木は半分が人間、半分が喰種という特殊な設定のキャラクターだ。



画面左に羽生選手、画面右にキャラ絵が映りインタビューが繰り広げられるさまに、スタジオにいるビビル大木さん(43)らからは始終笑いがこぼれていた。



「完全にオタクの反応で好感度上がるわ」



花江さんからのメッセージに羽生選手は


「うれしい。めっちゃ汗かきました。漫画も全部見てるし、漫画で花江さんの声が聞こえます。金木くんの声がするって」

と感激の面持ち。続けて


「そうとう好きですね。こんな方々とお話していいのかなという恐れ多さが...。すごくあります。本当に恐れ多いです。スケートやっててよかったなと思えるひとつです」

と笑顔で話していた。



羽生選手の感激ぶりや、一風変わったインタビュー風景に、SNS上では


「羽生くんとカネキのコラボやばいんだけど」

「本当シュールだなー」

「可愛いすぎた」

「完全にオタクの反応で好感度上がるわ」

などといった声が上がっている。



羽生選手と花江さんが公共の電波を通して言葉を交わすのは、金メダル獲得の快挙達成後の2月17日放送のラジオ「A&G TRIBAL RADIO エジソン」(文化放送)以来。ラジオのパーソナリティを務める花江さんからの電話インタビューに、羽生選手は興奮しきりだった。

J-CASTニュース

「羽生結弦」をもっと詳しく

「羽生結弦」のニュース

BIGLOBE
トップへ