「ふしぎの海のナディア」の万能戦艦 各種ギミック搭載し立体化

2月26日(月)12時55分 J-CASTニュース

名場面を再現できる多彩なギミックを搭載

写真を拡大

バンダイは、「超合金魂」ブランドから、アニメ「ふしぎの海のナディア」に登場する戦艦のフィギュア「超合金魂 GX-80 万能戦艦 N(ニュー)-ノーチラス号」の予約受付を、2018年2月19日に直販サイト「プレミアムバンダイ」で始めた。発送は9月の予定。

「エヴァ」スタッフが手掛けた作品



庵野秀明氏が総監督を務め、キャラクターデザインを貞本義行氏、また音楽は鷺巣詩郎氏といった、のちの「新世紀エヴァンゲリオン」を手掛けるスタッフ陣が生み出した同作に登場する"万能戦艦"を、様々なギミックを搭載して全長約425ミリで立体化。



主翼や水平安定板、垂直尾翼、全ての翼が開閉音とともに連動して可動するほか、後方の反重力推進器「バニシングモニター」は音に合わせて光の変化が起こる仕様。また、艦橋の発光や主砲の可動などを細部にわたり再現したという。



付属の専用台座には名場面を再現できる音源を多数収録。加えてBGMは主題歌「ブルーウォーター」を含む全8曲、効果音は全16種、9キャラクターが登場する名場面のセリフも多数内蔵する。



なお、3月4日午後11時までの「早期予約特典」として、貞本氏による「イラストmini色紙」が付属する。



価格は2万7000円(税込)。

J-CASTニュース

「戦艦」をもっと詳しく

「戦艦」のニュース

BIGLOBE
トップへ