“謎多きグラドル“山地まりが『ツボ娘』に出演し、ボディとトーク両方で本領を発揮!

2月26日(木)15時30分 メンズサイゾー

 25日深夜放送の『ツボ娘』(TBS系)にグラビアアイドルの山地まり(20)が出演。「更なる活躍のため新境地を切り拓け!!」をテーマに、ダンスから変顔、かつてのバイト話、幼少期の実家の貧乏話に至るまで、自身の魅力や個性を遺憾なく発揮し、グラビアからは想像できない、文字どおりの新境地を披露してくれることになった。


 山地まりと言えば、一昨年あたりから表紙級グラドルとして活躍し、筧美和子(20)や柳ゆり菜(20)らと並ぶ巨乳新世代として知られる存在。とはいえ、リリースされた作品はウェブ限定のデジタル写真集やカレンダーのみで、ファンからは本格的な写真集やDVDのリリースを待ち望まれていたが、先日23日、満を持しての1st写真集『処女』(集英社)が発売され、大きな話題を呼んでいる。


「端正な顔立ちとクリクリした印象的な瞳に、バスト87センチのFカップボディをウリに人気急上昇中のグラドルですね。ただ、表紙や雑誌のインタビューにはコンスタントに登場しているにもかかわらず、なぜかいまだにウィキペディアには名前が上がらないなど、謎の存在としても有名。テレビにもほとんど登場してこなかったので、今回の出演は放送前から非常に注目されました」(週刊誌記者)


 番組には膝上20センチはあるかと思われる超ミニスカートと自慢の胸の膨らみが丸わかりの体にフィットしたブラウスで登場した彼女。のっけからMCの浜ロンに「入ってきたときから出水さん(同じくMCの出水麻衣アナ)と上半身の才能が違う。現役ブラジル代表みたいな」などとボディを絶賛され、視聴者も否応なしに視線を集中させられることになったが、ヴィジュアルのみならず、トークやパフォーマンスでも本領を随所に発揮した。


 某誌で優勝を果たしたという特技の変顔披露に始まり、一流女優になるべく感情の大爆発の実践として、出水アナに「わああ〜っ!」と大声で叫びながら抱きついたり、"かなしいバレーボール"や"くやしいダンス"などの無茶ぶりにも挑戦。かと思えば、「カメラマンに無理な注文されたら?」の問いには「乳首出して、とかですか?」と直球で聞き返し、さらに番組恒例の胸の感触を確かめるデミハグのコーナー(出水がアイドルに抱きつき、胸に顔を押し当てるなどして、その弾力を調べる)では、「弾力のあるフレッシュなグミ」と評した出水に続けて「グミ!」と自ら声に出してその極上の弾力性を認めるなど、終始、"山地ワールド炸裂"となった。


「水着姿がなかったのがやや残念でしたが、服の上からもその膨らみが堪能できましたし、居酒屋やコンビニなどの豊富なバイト経験や実家が貧乏だったことを笑顔で話すなど、なにより彼女の屈託のない明るさを知れたという意味では最高と言えるでしょう。このままの勢いでグラビアのみならず、バラエティにもどんどん進出してもらえるといいですね」(前出同)


 以前、彼女にインタビューしたことのある芸能ライターの織田(おりた)祐二氏も彼女の魅力を賞賛する。


「今回の"乳首"発言もそうですが、彼女ってトークにタブーがないんですよ。自分がインタビューしたときも、『ついこの間まで走ったりすると痛かった』とか『胸が重くて肩がこりやすい』とか『家族では私だけ大きい』とか『こうしていろいろ取り上げてもらうことになったので大きくてよかった』など、こちらの執拗な胸への質問にも一切いやな顔を見せることなくしっかり答えてくれたのが印象的でしたね。待望の写真集が目下大ヒット中で、すでにトップ・クラスの人気グラドルですが、DVDリリースの期待や、ドラマやバラエティへの精力的な進出の可能性も含め、さらに飛躍する要素は十分に秘めていると言えます」


 最近はTwitterを始めるなど、少しずつ情報を発信するようになった彼女だが、筧やおのののか(23)あたりと比べると、まだまだミステリアスな部分が多く、逆にそこがファンにとって大きな魅力になっているとも言えるだろう。写真集リリースにともない、3月1日に発売記念握手会が行なわれる予定で、これが彼女にとって初のアイドルイベントとなるが、そこで改めてどんな一面を見せてくれるのか、大いに注目したいところだ。
(文=ニイゼキユウジ)

メンズサイゾー

「グラドル」をもっと詳しく

「グラドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ