世界一可愛いGカップアイドル、エロ度もワールドクラスと話題に

2月26日(日)17時0分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルの葉月佐和(はづき・さわ/24)が、SNSでファンを魅了しまくっている。


 2015年にアイドルユニット「ポテンヒッツ」に加入し、芸能界デビューを果たした葉月。残念ながら同グループは昨年6月に解散となったが、葉月は翌月にファーストイメージ作品『さわっていいよ』(竹書房)をリリースし、グラビア活動を本格化させた。


 この作品では、ハイレグ水着のキワどすぎる食い込みショットや極小ビキニでたわわなバストを披露。可愛らしい顔立ちとギャップを感じさせる迫力満点のGカップボディを見せつけ、一気にグラビア人気を高めた。


 「世界一可愛いGカップアイドル」という大それたキャッチコピーを持つが、それも「あながち誇張ではない」と評判。あどけない笑顔とスリーサイズ上からB90・W57・H89(cm)の極上ボディを武器に、徐々に活動の場を広げている。


 そんな葉月はTwitterで「世界一可愛いって今日も言ってね」と、セクシーショットを連発する。先日には、おねだりするような顔をしてキャンディを舐めながら胸の谷間をあらわにした写真を投稿しファンを喜ばせた。


 体操服ショットやセーラー服姿などもTwitterで披露している葉月。最近はそのセクシー度が上がっているといわれるが、それにはワケがありそうだ。現在彼女はグラビアコンテスト『ミスアクション2017後期』にエントリーしており、そのネット投票をTwitterで呼び掛けているのだ。


 今年から2部構成になった「漫画アクション」(双葉社)主催の同コンテスト。約250人の応募があった前期では、フォトセッションやネット動画などによる選考が行われ、読者投票によってグランプリが決定した。その頂点に選ばれたのは、元AKB48の金子智美(27)だ。


 この金子も選考期間中、自身のTwitterでセクシーショットを連投。その中にはバストトップが見えそうなキワどい写真などもあり、ネットでも大きな話題になった。そんな金子の影響もあり、葉月もSNSで過激な姿を見せているのかもしれない。


 ともあれ、男性ファンにとって色っぽいSNSショットはありがたい限り。最近、「エロ度もワールドクラス」といわれる葉月には、セクシーさに磨きをかけながら『ミスアクション』グランプリへ突き進んでほしいものだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ