カイリー・ミノーグ、乳がん完治から10年に歓喜

2月26日(金)11時15分 Techinsight

乳がんを克服したカイリー・ミノーグ(出典:https://www.instagram.com/kylieminogue)

写真を拡大


歌手や女優として活躍するカイリー・ミノーグ(47)は、2005年に乳がんと診断され治療を開始。その後医師に「もう大丈夫」と告げられてから、ようやく10年が経過したという。

このほど乳がんを克服して10年のカイリー・ミノーグが、インスタグラムにこう綴った。

「“乳がんは消えた”と言われた日から、今日で10年になるの。当然のことながら、誰よりも親愛なる人達がいてくれた。涙の裏には安堵、感謝、様々な思いがあったわ。この段階を目指す人々、それを過ぎた人々、悲しいことにここまで至れない人々についての思いよ。」
「ありがとう…そんな言葉では十分に思いを伝えられないわ。」

そのカイリーと婚約中の俳優ジョシュア・サスは、チャリティ団体『Breast Cancer Care』の資金を募るべくマラソンに挑戦するという。

「もうじきロンドンマラソンの時期がくる。ジョシュアは団体のために走る予定よ。(彼はマラソンの経験はないの!)できるだけ多くの資金が集まるよう、どうか彼の応援を!」

乳がん闘病につき公表してきたカイリーにインスパイアされ、多くの女性が定期検査を受けるようになったとのこと。その影響力は絶大で、専門医らが“カイリー効果”と呼ぶほどだったという。

出典:https://www.instagram.com/kylieminogue
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「乳がん」をもっと詳しく

「乳がん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ