【インタビュー】タクフェス 春のコメディ祭!「仏の顔も笑うまで」 宅間孝行「お客さんに喜んでいただきたいという一心で作りました」 樋口日奈(乃木坂46)「いろいろな感情が湧き上がる作品に」

2月26日(水)12時0分 エンタメOVO

町田はな役の樋口日奈(乃木坂46)(左)とふくちゃん役の宅間孝行

写真を拡大

 温かな笑いと切ない涙で感動を誘う作品を数々上演している、宅間孝行主宰の「タクフェス」から派生した、笑いをテーマにしたシリーズ「春のコメディ祭!」。この第3弾となる「仏の顔も笑うまで」が4月22日から開幕する。本作は、宅間とモト冬樹が間抜けな強盗コンビを組み、逃げ込んだ先の寺でてんやわんやの大騒動を起こすノンストップコメディー。宅間が演じるふくちゃんが恋するお寺の娘・町田はな役には樋口日奈(乃木坂46)が抜てきされた。宅間と樋口に、本作への意気込みや見どころを聞いた。



−2018年の「笑う巨塔」以来、2年ぶりの「春のコメディ祭!」になります。

宅間 「笑う巨塔」では、たくさんのお客さまにご来場いただき、そのおかげもあって、今回、無事にシリーズ第3弾を上演することとなりました。ありがたいことだと思っています。

−樋口さんは、初の「タクフェス」出演になりますが、出演が決まったお気持ちは?

樋口 「タクフェス」のポスターは以前から見かけており、レトロでどこか温かみのある雰囲気が大好きだったので、お話を頂いてすごくうれしかったです。でも、それと同時に、私にとっては初のコメディーなので、自分に務まるかなという不安もありました。

−これまでのタクフェスの作品は観劇しましたか。

樋口 はい、「流れ星」を観劇させていただきました。劇場で涙が止まらなくて、おえつをこらえるのに必死でした。心にグッとくるものがあって、なんてすてきな作品なんだろうと感じました。今の時代に大事な心の温かさが詰まっている作品で、大事なものを再確認できたように思います。忘れかけていた温かさがよみがえりました。

−宅間さんの印象は?

樋口 直接お会いしたのは、ビジュアル撮影の時が初めてだったのですが、大きい方だなって(笑)。私の中で、ダースベイダーの曲で登場してきそうなイメージがあったので、最初に「日奈ちゃん、僕のこと怖い?」って言葉を掛けてもらって、力が抜けました(笑)。

宅間 完全に悪者になっているよね、僕(笑)。

樋口 お芝居に対して、情熱を持っていて、とても厳しく指導してくださるということを聞いていたので、「話し掛けても無視されてしまったらどうしよう」とか、勝手にいろいろと考えてしまってたんです(笑)。でも、宅間さんが第一声で「僕のこと怖い?」と言ってくださったことで、逆に「怖い」というイメージはなくなりました(笑)。お稽古では厳しいところもあると思いますが、普段は優しい方なんだなと思いました。

−今回、宅間さんは樋口さんのどのようなところに魅力を感じてオファーされたのですか。

宅間 プロデューサーから、非常にお芝居を頑張っている子だと聞いていたので、それならば、と。見た目も大人っぽかったので、この役にも合うのではないかということもありました。実際に会ってみて、話していても、すごくしっかりしているので、頑張ってくれると期待しています。

−樋口さんはコメディー作品初挑戦となります。宅間さんから樋口さんに対して何かアドバイスを頂けますか。

宅間 あまりコメディーということは意識しなくてもいいと思いますよ。それよりも、1本の作品にどう関わり、向き合うかを考えてほしいです。これもお仕事だと言ってしまえばそうのですが、僕ら俳優がそれを超越したものを持って作品に向き合えたときに、お客さんが感動してくれると思うんです。僕は、それが次のステップになるとも信じてやってきたので、目の前のものに一つ一つ情熱を持って臨んでいってもらいたいです。一生懸命にぶつかる人が集まった現場になれば、きっとすてきな作品になるので、そこはぶれずに持っていてほしいなと思います。

樋口 はい! 頑張ります!

−ところで、樋口さんはビシバシと鍛えられた方がやりやすいタイプですか。それとも、褒められて伸びるタイプですか。

樋口 褒められるのはもちろんうれしいです。

宅間 今、「私はめった打ちにあって伸びるタイプです」とは口が裂けても言えないよね(笑)。うそでも「褒められて伸びるタイプです」って言うよね(笑)?

樋口 褒められて伸びたいです(笑)。でも、宅間さんは愛のある厳しさで指導してくださると思うので、ご指導は楽しみにしています。私は、今、22歳なのですが、これから先、この年でこの作品に出会えて、宅間さんに出会えて本当によかったと思うのだろうから、今回のお稽古でたくさん鍛えていただいて、勉強させていただきたいと思っています。


−宅間さんが演じるふくちゃんは、モト冬樹さん演じるビバさんと銀行強盗コンビを組んでドタバタを繰り広げます。モト冬樹さんは、2018年の「あいあい傘」以降、2度目の出演ですね。

宅間 はい、その公演の千秋楽のカーテンコールで、モトさん、泣いちゃったんですよ。寂しかったんですって。それを見て、ほかの出演者たちも泣いちゃって…。思いをたくさん持って現場に来てくださる方だとすごく感じましたし、非常に楽しかったのでまた一緒にやりたいという思いもありました。お芝居ではキチッと笑いもとっていらして、同じカンパニーにいてくれたらいいなと思う、すてきな先輩です。なので、今回も期待していますし、楽しみです。

−では、改めて本作の作品の見どころを教えてください。

宅間 この作品を書いたときに、ある有名なお寺の横の道路が拡張工事をするために、100年続いた老舗のそば屋さんが立ち退きをしなければならなくなったというニュースを見て、なんだか釈然としない思いを抱いて、そういった社会風刺的なことも描かれています。きっと老若男女、どなたにも楽しめる作品になっていると思います。劇的なストーリーや衝撃の展開があるわけではありませんが、お客さんに喜んでいただきたいという一心で作りました。

樋口 この舞台は本当に勢いのある舞台になると思っています。お客さんは、思わず笑ってしまったり、しんみりしたりと、2時間少しの間に、いろいろな感情が湧き上がる作品になると思うので、きっと見てよかったと言っていただけると思います。あっという間の楽しい時間を、来場してくださったお客さんと一緒に過ごせると思うので、ぜひ足を運んでください。

(取材・文・写真/嶋田真己)




 タクフェス 春のコメディ祭!「仏の顔も笑うまで」は4月22日〜29日、都内・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールほか、愛知、岩手、福島、兵庫で上演。
公式サイト http://takufes.jp/hotoke/

エンタメOVO

「コメディ」をもっと詳しく

「コメディ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ