東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!

2月27日(木)9時59分 アサ芸プラス

 杏という妻がいながら映画で共演した唐田えりかと3年に及ぶ「裏切り不貞」を続けていた東出昌大。多方面から怒りを買い、続々スポンサー離れが加速してしたのは周知の通りだが、今後はどうやって世間からの許しを得ていくことになるのか。

 杏が育児に追われている最中にも唐田との逢瀬を重ねていた東出には、とりわけ女性からの猛烈なひんしゅくが寄せられているものの、芸能界における不貞騒動が“再起不能“なほどの極悪スキャンダルかと言われれば、無事に復帰を果たしたケースも決して少なくない。

 東出と同じ俳優という属性で振り返ると、近年では袴田吉彦原田龍二、古くは渡辺謙石田純一も不貞の発覚で当初バッシングを浴びていたものの、時間の経過とともにほとぼりが冷め、現在ではそれぞれの分野における芸能活動にそれほど大きな支障をきたしているようには思えない。

「最近では、不貞をしてしまった役者がバラエティー番組に出演し、MCから上手くイジってもらうことで徐々に世間からの許しを得ていくという流れが浸透。その成功例が袴田や原田であり、これまでに何度もバラエティー番組に出演してきた東出にとってはこの2人をモデルケースとするべきなのでしょうが、彼らとの決定的な違いは“笑い“に変えられる要素がほぼ皆無という点でしょうか。袴田がほとんど芸能活動を自粛せずにバラエティーで復帰できたのは、不貞相手との逢瀬の場に庶民的なビジネスホテルを選び、関係を持つたびに執拗にポイントカードでチマチマと割引を狙っていたという“ドケチ“エピソードが大ウケしたからです。原田に関しても、毎度の情事を愛車の4WDの中で済ませていたことを会見でイジられ、週刊誌にも『4WD諸国漫遊不貞』などとありがたいフレーズを頂戴していたのは不幸中の幸い。袴田と原田に対する世間からの嘲笑が怒りを超えたため、芸能活動の継続が叶いましたが、一方の東出には2人のような“笑える要素“がゼロで、仮にお笑いタレントの番組MCが無理やり東出の騒動を笑いに転化しようものなら、そのMCにも火の粉が舞い込んでしまうことになりかねませんからね。どんな芸達者でも東出の“調理“はあまりに困難なのではないでしょうか」

“笑ってもらう“ことが不可能であれば、残された道はやはり舞台から再スタートをきり、細々とみずからの芸に邁進していくしかないであろう。

 法律違反の薬物に手を出したわけでもなければ、女性に乱暴したわけでもなく、不貞は刑法で罰せられるいわゆる“犯罪“にも該当しない。もちろん家族やファンを裏切る行いだったことは事実だが、ゼロからやり直して猛省した後に成長した姿を見せるチャンスまでをも奪ってしまうのは、やや過剰な制裁ともいえるだろう。

 まずは時間をかけ、最も苦しめてしまった杏のメンタルをケアすることから始めるべきかもしれない。

(木村慎吾)

アサ芸プラス

「不貞」をもっと詳しく

「不貞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ