オスカー前哨戦最後を飾るインディペンデント・スピリット賞、『ムーンライト』が6部門制覇

2月27日(月)7時30分 シネマカフェ

『ムーンライト』キャスト-(C)Getty Images

写真を拡大

第32回インディペンデント・スピリット賞授賞式が25日(現地時間)にロサンゼルスで開催され、『ムーンライト』が作品賞、監督賞など6部門を受賞した。

製作費が2,000万ドル以下のインディペンデント系作品が対象で、26日(現地時間)発表の第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされている『ムーンライト』は作品賞、監督賞のほかに脚本賞、撮影賞、編集賞など作品の監督とキャスティング・ディレクター、キャストたちに贈られるロバート・アルトマン賞と候補になった全6部門で受賞を果たした。

ブラッド・ピットが製作総指揮を務める同作は、マイアミを舞台に、人種やセクシュアリティなど自らのアイデンティティと向き合う青年を描いたヒューマンドラマ。アカデミー賞では作品賞や監督賞などのほか、マハーシャラ・アリが助演男優賞に、ナオミ・ハリスが助演女優賞にノミネートされている。

『ムーンライト』と同じく6部門で候補になっていたアンドレア・アーノルド監督の『American Honey』(原題)は惜しくも無冠に終わった。

受賞結果は以下の通り。

作品賞:『ムーンライト』
監督賞:バリー・ジェンキンズ(『ムーンライト』)
主演男優賞:ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
主演女優賞:イザベル・ユペール(『ELLE』原題)
助演男優賞:ベン・フォスター(『最後の追跡』)
助演女優賞:モリー・シャノン(『Other People』原題)
脚本賞:バリー・ジェンキンズ、タレル・アルヴィン・マクレイニー(原作)(『ムーンライト』)
長編映画デビュー作賞:『The Witch』
脚本デビュー作賞:ロバート・エッガーズ(『The Witch』原題)
撮影賞:ジェームズ・ラクストン(『ムーンライト』)
編集賞:ジョイ・マクミロン、ナット・サンダーズ(『ムーンライト』)
ドキュメンタリー賞:『O.J.: Made in America』(原題)
国際映画賞:『ありがとう、トニ・エルドマン』(ドイツ、ルーマニア)
ロバート・アルトマン賞:『ムーンライト』

シネマカフェ

「ムーンライト」をもっと詳しく

「ムーンライト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ