【BTS】はなぜアメリカで売れたのか?世界的人気グループとなった10の理由

2月26日(水)18時12分 K-board


最新アルバム「MAP OF THE SOUL: 7」は発売からわずか3日で300万枚を突破し、世界中の音源チャート1位を独占したBTS防弾少年団)。なぜBTSはここまで世界中で人気を集めたのか?なぜBTSなのか?今回はBTSが世界中で大ヒットした理由に迫る!


記録を更新し続ける世界的人気グループBTS(防弾少年団)






BTS(防弾少年団)。
彼らが叩き出してきた記録は数えきれない。
彼らを説明する時、”世界初”、”韓国初”、”KPOP初”という言葉を何度目にしてきただろうか。
“24時間で最も視聴されたYouTubeビデオ”、“24時間で最も視聴されたYouTubeミュージック・ビデオ”、“24時間で最も視聴されたK-POPグループによるYouTubeミュージック・ビデオ”の3つのギネス世界記録。
3枚のアルバムがビルボードのチャートで1位を獲得。
ビルボードミュージックアワードでトップ・ソーシャル・アーティスト賞に輝く...
そして今やグラミー賞でパフォーマンスを披露するまでになった、世界的人気アーティストBTS。
彼らはなぜ世界的人気のグループになったのか?数あるKPOPグループの中でなぜBTSだったのか?
その人気理由と魅力に迫る!


BTS人気の理由① 人間味溢れる個性的なメンバー






BTSが世界的人気となった大きな理由に、個性的なメンバーが挙げられる。
BTSのメンバーは7人。 ボーカルラインであるジョングク・V(テテ )・ジミン・ジンとラップラインRM・SUGA・J -HOPEで構成される。メンバーは現在全員20代。
ファンの中にはBTSの音楽に惹かれると共に、この7人のメンバーの”人間味”に惹かれたという方も少なくない。



写真左からジョングク、SUGA、ジン





写真左からV(テテ )、RM





写真左からJ -HOPE、JIMIN




一人一人のキャラクターが本当に個性的で、それは歌声やパフォーマンスにも現れている。
優れた音楽性はもちろんのこと、彼らは7人の絆そのものを非常に重要視していて、それを歌詞に盛り込んだりもする。
その7人の関係性の中にもファンが想像できる物語があるのだ。
そして普段の彼らはスーパースターBTSの姿ではなく、自然な等身大の若者の姿を見せる。
かっこいい面や良い面だけでなく、私たちと同じ様に悩んだり傷付いたりして涙する姿も見せる。
メンバー同士の関係も、仲良しこよしな面だけでなく、バックステージで意見し合い、時にぶつかる姿も見せるのだ。
彼らは世界的スーパースターでありながらも、人間味に溢れている。
その姿に世界中の多くの若者が共感し、自分を重ねるのだ。


BTS人気の理由② ストレートでメッセージ性が強い音楽





BTSの人気理由に、メッセージ性の強い音楽を挙げる方も多い。
BTSはリーダーであるRM、ラップラインのSUGA、J -HOPEを中心にメンバー全員が楽曲を制作している。
メンバー全員が楽曲を自ら制作していることで、彼らのストレートなメッセージが伝わってくるのだ。
そこにはファンへの愛が込められていたり、社会への批判が込められていたり、転んでも立ち上がるという不屈の精神が込められ、世界中の若者がこれに共感する。
まるでBTSが自分たちの言いたい事を代弁してくれている様な気持ちになる。
一見恋愛を描いた様な歌詞でも実は深いメッセージが込められていたり、表の部分だけではない裏の部分まで全て歌詞にされているのだ。
韓国語を母国語としない他国でも人気が出たのは、彼らのメッセージが言葉の壁をも乗り越え、世界共通で若者の芯の部分に刺さったからではないかと思う。


BTS人気の理由③ ハイクオリティなダンスパフォーマンス





やはりBTSの大きな人気理由の一つに、 ダイナミックな7人息の揃ったダンスパフォーマンスは外せない。
BTS特有のキャッチーで印象的なそのダンスは、メロディアスな曲と共に非常に印象に残りやすい。
振り付けを見ただけでどの曲かわかるほど、特にサビの部分のダンスは印象的なものが多い。
7人のダンスはそれぞれ個性を放ち、それが一つにまとまり揃った時の躍動感は鳥肌が立つほど圧巻である。
BTSはダンス練習動画もYouTubeに投稿されるのだが、この動画が毎回凄い観覧数を記録することでも有名である。



先日公開された「MAP OF THE SOUL: 7」タイトル曲「ON」のダンス練習動画



毎回毎回MVやステージ、またダンス練習動画などで披露されるダイナミックなダンスは、世界中のダンサー達や若者達によってカバーされSNSなどに投稿される。そして世界中に広まるのだ。


BTS人気の理由④ ストーリー性のある謎解きのようなMV



BTS 「I NEED U」 Official MV



クオリティの高いダンスパフォーマンスもさることながら、BTSのストーリー性あるMVはBTSの高い人気要素の一つ。
デビュー当初は7人のパフォーマンスがMVの中心だったが、大人気アルバム「花様年華」シリーズあたりからメンバー全員にストーリー設定があるショートドラマの様なドラマチックなMVが発表される様になった。
このMVが発表される度、まるで謎解きの様にファンの中では様々な考察が繰り広げられるのだ。
そしてそのMVがそれぞれに独立しているのではなく繋がっていたり、前のMVに登場した壁の落書きなどが次のMVに大きな意味を持つなど、知れば知るほど深いのである。
これはファンにとっても大きな楽しみであり、ワクワクさせられる大きな要素である。
そしてその謎を解き自分なりに答えが出た時、BTSが訴える強いメッセージ性を感じ、大きな感動を呼ぶのである。


BTS人気の理由⑤  世界的なファンダムARMYの存在






彼らがここまで世界的な人気アーティストになった背景には、BTSのファンARMYの存在が欠かせない。
今は動画の再生回数やSNSのハッシュタグの盛り上がりでも賞や順位が決まる時代であり、ファンの頑張りがそのまま賞に直結する。
ARMYは現在の音楽業界で最も熱狂的なファンたちと呼ばれ、世界中に存在し常に彼らをサポートしている強力なファン達である。
熱狂的なファンがいることで有名なジャスティン・ビーバーや、1Dのハリー・スタイルズを抑えて、BTSが最もリツイートされたセレブリティ1位に輝き、そのリツイート数はギネス記録をも更新するほど、ARMYの存在は強力だ。
BTSはARMYの存在を何より大切にしていて、賞を受賞する度メンバーの一言目は「ARMY!」とファンに投げかけ、常に感謝の言葉を述べる。
MVにARMYという言葉が登場したり、グラミー賞でパフォーマンスをした際もすぐにVLIVEでARMYと交流するなど”高いところに登っても常にファンと共に歩んでいく”という姿勢が、彼らが愛され続ける理由の一つだろう。


BTS人気の理由⑥ 名だたる世界的アーティストと次々コラボ



Halseyとコラボし大ヒットしたBoy With Luv



日本をはじめとするアジアでは既に人気があったBTSだが、アメリカ圏、ヨーロッパ圏などに人気が広がった理由の一つに豪華アーティストとのコラボが挙げられるだろう。
アメリカ人ラッパーのデザイナーをフィーチャーしたスティーヴ・アオキとのコラボ曲「MIC Drop (Steve Aoki Remix)」や、ホールジーの大ヒットコラボ曲「Boy With Luv」、世界的アーティストエド・シーランとのコラボ曲「Make It Right」など、数々の名だたる世界的アーティスト達とコラボ曲を発表してきた。
今回の新アルバム「MAP OF THE SOUL: 7」のタイトル曲「ON」はこれまた世界的に有名なSiaとのコラボバージョンも発表されるなど、その勢いは止まらない。
またグラミー賞に2年連続で招待された事により様々なアーティストとの交流も増え、今後も豪華アーティストとのコラボが続くことが予想される。
様々なアーティストとのコラボはBTSの知名度が上がるだけでなく、音楽性にまた新たな味が加わり、新しい魅力的な音楽が生まれる相乗効果があるのだ。


BTS人気の理由⑦ SNSや動画配信の頻度がヤバい






BTSが世界的な人気を集めるグローバルスターになった大きな理由に、SNS戦略の巧みさがよく挙げられる。
BTSはデビュー当初から日常的にTwitterやYouTube、V LIVE(韓国の動画配信アプリ)を更新してファンとコミュニケーションをとっているが、この更新頻度がヤバいのだ。
BTSを一度追いかけ始めたら、日々上がってくる動画やメンバーの日常の様子など、目がまわるほどの忙しさなのだ。
今や世界的なスターとなり、世界中を飛び回っているおそらく最も忙しいグループであるにも関わらず、その更新頻度は今も変わらない事が凄い。










BTSの公式ツイッター(방탄소년단 @BTS_twt)は現在2400万人ものフォロワー数を誇り、「最もリツイートされた男性グループ」としてギネス登録されるなどその影響力は凄まじい。
どんなにハードなスケジュールの中であっても、ファンとコミュニケーションをとる時間を大切にしてきたBTS。
日常的にメンバーの様子を知らせることで、彼らの日常は日々ファンの目に留まり、そして日常となる。
このようにしてファン達は世界中のどこにいても、BTSと繋がれるのだ。


BTS人気の理由⑧  アメリカの人気TV番組出演でさらに火がつく





近年BTSがアメリカのTV番組に出演することが非常に多くなった。
アメリカの人気番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」をはじめ、年末年始はアメリカの超有名大晦日番組、Rockin’ Eveに出演。また1952年1月14日からアメリカNBCで放送されているアメリカで最初の朝の情報・ニュース番組「TODAY」ショーといった権威ある番組にも堂々の生出演を果たす。
今回の新アルバム「MAP OF THE SOUL: 7」のタイトル曲「ON」もアメリカの番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」で初披露された。






「ON」のパフォーマンス初披露は、NYグランド・セントラル駅で行われた。
この場所でパフォーマンスをしたのは2018年にアルバム発売記念ライブを開催したポール・マッカートニー以来だとか。
この様にアメリカのTVに次々出演する事により、世界各国の言葉で訳され易くなり、BTSのインタビューの様子やパフォーマンスはYouTubeなどにUPされ世界中に各国の言葉で広まる。
そして世界中にまた多くのファンが誕生するのである。


BTS人気の理由⑨ まさにアメリカンドリームの実現



BTSの国連でのスピーチ



BTSというグループは、メンバーにソウル出身者は一人もいない。皆韓国の地方出身者なのだ。
人気メンバーVは韓国の大邱という地方出身者で、アイドルになっていなければ実家の農家を継ごうと思っていたという逸話もある。
また、BTSの所属事務所であるビックヒットエンターテイメントは、大ヒットグループが存在しない、いわゆる弱小事務所だった。
そんなほぼ無名だったグループが、今や国連でスピーチしグラミー賞に招待されるというストーリーがまさに”アメリカンドリーム”であり、そのドラマチックさに魅せられるファンも非常に多い。






そしてBTSが発する言葉や生み出される音楽は、多くの若者に勇気を与える。
”あなたの名前は何ですか?”と国連で投げかけたRMの言葉は、人種やジェンダーを超えて自分自身を愛そうというメッセージであり、世界中の多くの人々の心に響いた事だろう。
実際にこの国連のスピーチを聞いた方から「自殺しようと思いましたが、RMの声を聞いて思いとどまりました」というコメントが寄せられた。
彼らが夢に向かって失敗しながらも歩んでいく姿は、世界中の若者の”自分自身”の姿でもあるのだ。


BTS人気の理由⑩  ”KPOP”に囚われず”BTS”というジャンルを確立



先日公開された新アルバム「MAP OF THE SOUL: 7」タイトル曲「ON」のKinetic Manifesto Film



今まで数々のKPOPグループがアメリカ進出し成功を収めているが、BTSの世界規模の人気は規格外である。
BTSの音楽は、”洋楽”でもなく、”KPOP”でもなく、もはやジャンルは”BTS”になりつつある。
新アルバムが発売される度、自分たちの音楽、自分たちの言いたい事に加え、うまくその時代のトレンドを取り入れ、そして母国語である”韓国語”を貫く。
彼らの発言やメッセージは世界各国の言葉に訳され、解釈され、共感される。
なぜBTSなのか?なぜBTSでなければならなかったのか?
ダイナミックなダンスやカッコ良いビジュアルにもその要因はあるだろう。
だが一番は、BTSが常に友の様な身近な存在であり、声を大にして言えない事を世間に訴えてくれる代弁者であり、そして世界中で夢を追い、葛藤し、挫折しても立ち上がる”若者の姿”そのものだったからかもしれない。





K-board

「BTS」をもっと詳しく

「BTS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ