新旧“ダルの女“当てつけ合戦! 山本聖子と紗栄子のバトルにネット上で「こわ〜」の声

2月27日(金)15時30分 メンズサイゾー

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)と交際中で妊娠を発表したレスリング元世界女王の山本聖子(34)が、日本時間26日にレンジャーズのキャンプを見学した。ほほえましい話題としてテレビやスポーツ紙で取り上げられたが、そのウラで新旧「ダルの女」の座をめぐるドロドロのバトルが勃発していると騒がれている。


 ダルビッシュが自身のブログで山本の妊娠を発表したのは22日の夜。その翌日に元妻の紗栄子(28)が、ブログに「花嫁姿」のような衣装の写真をアップした。自身がデザインしたウエディングコレクションの衣装をショート丈にアレンジしたものだといい、紗栄子は「マネージャーさんのサプライズウエディングで着た」と説明している。


 普段なら特に気にするほどの投稿ではないが、時期が時期である。しかも前後の記述から結婚式は20日に行われたと見られ、このタイミングでアップしたのは意味があるように感じられる。これに対してネット上では、以下のような反応が数多く上がった。


「こわ〜、完全にダルの今カノへの当てつけでしょ」
「妊娠発表の直後に公開って狙ってるとしか思えない」
「女の執念が伝わってくる」
「別れても『ダルの嫁』ポジションは手放したくないんだろ」
「元嫁の意地なんだろうね、性格悪っ!」


 昨年、音楽プロデューサーとの交際が伝えられた紗栄子だが、女性誌の報道によると「ダル以上の男でなければ交際しない」というこだわりを持っているといい、いまだダルビッシュを意識しているようだ。白いドレスは「たまたま」であった可能性もあるが、大半は「女の意地」であるという見方をされているようである。


「この画像を投稿する以前からドレス姿は何度も公開しており、当該のドレスは花嫁衣装を連想させる白ではなくグリーンだったようです。光の加減で色が飛んでしまい、白に見えてしまったようですね。ただ、紗栄子はトーク番組でダルビッシュの話題を解禁したり、明らかに元夫に執着しているように感じられる。白っぽく見えてしまったのなら撮り直すこともできたわけですが、あえてそのまま山本の妊娠発表の直後にアップしたのですから、勘繰られても仕方ないところでしょう」(週刊誌記者)


 一方の「今カノ」である山本も負けていない。このドレス写真が公開された後、山本は前述のようにダルビッシュの練習を見学することで「嫁ポジション」をあらためてアピールしたのだ。これに対しては「紗栄子に応戦したのでは」「注目されたいのが見え見え」「勝ち誇ったドヤ顔がすごい」「こっちも女の執念が感じられる」なとといった意見がネット上に噴出。紗栄子の当てつけに真っ向から反撃したという見方が強まっている。


「ダルと山本は『静かに見守ってほしい』と言っていましたが、ただでさえ妊娠発表で注目されているのに練習見学などすればマスコミにエサを撒いているようなもの。騒ぎ立てられることを見越していたとしか考えられません。これは紗栄子への反撃という意味合いだけでなく、ほほえましい話題として取り上げられることで『妊娠時期』をめぐる報道を鎮静化させたいという狙いもあったようです」(前同)


 山本の妊娠をめぐっては、スポーツニッポンが「妊娠6ヶ月」と報じ、スポーツ報知は「妊娠4ヶ月」と伝えていた。これにダルビッシュは「×妊娠6ヶ月以上→〇妊娠4ヶ月 ちゃんと裏付け取ってからお願いします」と自身のTwitterでわざわざ訂正している。


 バツイチである山本は、前夫のハンドボール元日本代表・永島英明(37)と離婚が成立したのが昨年10月。もし妊娠6ヶ月であれば、離婚成立前にダルビッシュの子どもを身ごもった「不倫」だった可能性が高まる。それだけでなく「離婚成立後300日以内に誕生した子どもは前夫の子どもとみなす」という民法規定の影響を受けることにもなる。だからこそダルビッシュは妊娠期間にこだわったわけだが、訂正後も「やはり本当は妊娠6ヶ月では」との疑惑報道が絶えず、火消しに躍起になっているようだ。


 マウンドでの颯爽としたプレーと比べて、私生活はグダグダな印象が目立っているダルビッシュ。元嫁と今カノが火花を散らしている状況も、彼のだらしなさが生んだシチュエーションなのかもしれない。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「山本聖子」をもっと詳しく

「山本聖子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ