注目ワード安倍首相・奉納 多部未華子・なんか個性なくなっちゃったな 竜・竜の白骨死体 不倫・報道 ハロウィンジャンボ・発売 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

仲村トオルのストイック過ぎる「トンデモ健康法」にスタジオ騒然!!

messy2月27日(木)19時0分
画像:『チーム・バチスタ4螺鈿迷宮』公式HPより
写真を拡大
『チーム・バチスタ4螺鈿迷宮』公式HPより

 フジテレビ系で毎週日曜日の21時から放送中の『全力教室〜成功へのマジックワード〜』は、芸能界を始めとするさまざまな分野で活躍しているその道のプロの方々を毎回講師に招いて授業を行う教養系バラエティー番組である。スタジオのセットは学校の教室をイメージしたもので、招かれた講師(番組冒頭では「全力先生」と呼ばれる)がその教室内に用意された教壇に立ち、毎回白熱した授業が展開されていくのである。各講師による授業テーマ毎に、対象となる一般人が生徒として集められ、その授業が実際に生徒たちの心に響いたのかどうかを検証している。また、授業後にはその講師を別スタジオに招き、MCである加藤浩次と高島彩の2人と共にその授業内容について、さらに深いトークを繰り広げていく。

 2月23日に放送された同番組では、“アンチエイジング界の風雲児”と呼ばれる医学博士・南雲吉則(なぐもよしのり)を講師に迎えていた。他局のいろんな健康系テレビ番組で南雲先生をお見かけしているが、この日は1時間丸ごと南雲ワールドに包まれることになった。今回は通常放送パターンのように一般人生徒を教室に置かず、最初からMCの2人が生徒席の最前列に座り、その後ろにはケンドーコバヤシや鈴木奈々ら多数の芸能人ゲストで教室が埋め尽くされていた。同局で放送されている火10ドラマ『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』に出演中の伊藤淳史・仲村トオル・水野美紀の3人は、今回の講師がお医者さんということで、医師繋がりの番宣を兼ねてゲストに訪れていた。

「三大勘違い健康法」とは?

 とても58歳には見えない若々しさを保っている南雲先生は、かねてから独自に編み出したという「トンデモ健康法」を提唱している。それを自らが実践し、そのアンチエイジング効果を実証しているという「南雲流健康法」が今回の授業テーマとなった。

 南雲先生は自分の本業が、「乳がん治療などを行う乳房の外科医である」と自己紹介すると「最近では若返りとかダイエットのカリスマと呼ばれている!」と自ら自信満々にアピールしていた。高島アナから「ご自身で(カリスマって)言うのも珍しいですね……」と失笑気味に突っ込まれ、他の出演者たちの笑いを誘っていた。

 そんなことは全く気にしない南雲先生は、早速授業を始めることに。生徒席にいた仲村トオルは、「アンチエイジングよりも、太らないほうにちょっと興味あります」と、南雲先生の授業に関心を示していた。高身長でスタイル抜群に見えるトオルさんは、自分なりに普段から太らないように気を付けて生活しているそうだ。しかし、もしかしたらそのやり方が間違っているということもあるので、南雲先生が授業を通して正しい健康法について解説していた。

 最初に「三大勘違い健康法」と題して、間違った健康法が3つ挙げられた。

①スポーツをすると痩せて健康になる②食べてすぐ寝ると体に悪い③1日3食キチンと食べる

 普通に考えると、全て健康法としては良いものである気がするし、南雲先生も以前はそれが良いものであると思っていたらしい。けれども、そのせいで20年前の38歳当時の自分の体は、今よりも老けていて肥満で、腰痛や不整脈も抱えていたのだとか。そこで、南雲先生は、「新しい健康法を編み出して、自分自身が若くならなかったら患者さんから信用されない!」と奮起して、いろいろな健康法を研究してきたそうだ。

 自分の編み出した健康法を日々実践しているという南雲先生は、実年齢が現在58歳であるところ、骨年齢が28歳、血管年齢が26歳なのだとか! わ、若い〜! そんな驚異的な数字を見せられて、ちょっと信じられないという空気が漂った教室。

 まず1番目のスポーツについての解説から。「全ての動物の心拍数は20億回と決まっている」そうで、心拍数の早い動物は短命で、心拍数の遅い動物は長生きするというのである。それを踏まえた南雲先生の主張は「心臓は細胞分裂(修復)しない臓器なので、心拍数を上げ過ぎて負担をかけるとキケン」というものであった。普段から運動をしていない人が健康的にダイエットをしたいのであれば、激しいスポーツをするのではなく、ウォーキングなどの無理のない運動が効果的であるのだとか。

 次に2番目の「食べてすぐ寝ると体に悪い」ということについて、南雲先生は「一番眠れるのは、ご飯を食べた後です」と断言。食後にすぐ寝ると、「消化・吸収がUPし、ホルモン分泌が正常になり、体が落ち着いている時に働く“副交感神経”が優位になる」ことで、睡眠の質が向上するのだとか。反対に、数時間空けて寝る場合には「なかなか寝付けず、消化不良を起こす」というのだ。食後にすぐ寝て、翌朝胃もたれを起こすのは食べ過ぎた証拠なので、朝食を抜けばいいらしく、胃腸を休ませることが大事のようだ。

 そして3番目の「1日3食キチンと食べる」のが間違いということについて。南雲先生いわく、あらゆる動物の実験において、食事量を4割減らしたところ、寿命が1.5倍増えたそうだ。これは、マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ教授が発見した現象だそうで、教授がその原因を調べたところ「サーチュイン遺伝子」という“長寿遺伝子”を発見したそうだ。その若返りに繋がるという遺伝子は「命が危険な時」=「飢餓状態」である時に発動するのだとか。つまり、「腹八分にすれば若返る」と言うのである。

 では、実際に「若返るための食事法」とはどのようにすれば良いのか? 南雲先生は、「カロリー制限」ができなければ「1日、1〜2食にする」という食事法を挙げた。「1日1食だったらドカ食いしていい、何でも好きなものを食べていい」と自信を持って提案していた。ただし、体に良くないような、素材の悪いものは食べないで欲しいとのこと。う〜ん、ドカ食いって、それこそ胃がもたれそうな気がするのだけど……。

 南雲先生の一連の健康法を聞いた後に、隣に座っているトオルさんがどのようなスタイル維持をしているのか気になった加藤さんは「仲村さんの食事はどうなってますか?」と尋ねた。すると、トオルさんは「(南雲)先生がおっしゃってることをほぼやっている」と、サラッと答えた。まさかの回答にどよめくスタジオ。“トンデモ健康法”だと思っていた特殊な健康法を、スタイル抜群の仲村トオルがすでに実践していたとは!

 トオルさんの食生活を聞いてみると、朝ご飯は水分のみ(!?)、昼ご飯は食べてもほんの少し(軽食のサンドイッチすら滅多に食べないらしい……)、夜ご飯はちゃんと食べるそうだが、

「お腹が減ってない状態で食べるのが嫌なんですよ」

 と、ストイックな食生活を送っていることを明かした。現在出演中のドラマ現場でも、みんなに昼ご飯へ行こうと誘われても、トオルさんは行かないそうだ。そのせいで共演者はトオルさんが食べているところを見かけないらしい。それはそれで、なんだかちょっと寂しい感じがするような〜。また、トオルさんは外出先で、夜になる前にお腹が空いてしまった場合でも、

「今日、帰ったら(ご飯が)あるとわかってる時は、外では食べない」

 と、奥さんが作ってくれるご飯を優先的に考えている、良き旦那さまの一面を覗かせた。よっ! 心の中も男前〜! そんな言葉に女性出演者たちは、ウットリしてしまうのであった。トオル兄貴、さすがっすね〜♪

 ただ、南雲先生が提唱するこのような特殊な食事法は、メタボ的な大人向けであって、子供・病人・お年寄り・妊婦などにはやはり、1日3食であることが望ましいそうだ。そして、いずれにしても食事は量よりも質が大事であることを強調していた。野菜は根から葉まで全部、果物も皮から丸ごと食べることで完全栄養が摂取できるそうだ。

 そんな南雲先生は、既婚者であるが自分の食事は自分で作っているらしい。奥さんは奥さんで別に食事を作っているらしく、旦那さまである南雲先生の書いた健康法の本も読んでくれていないのだとか! もう、スタジオも大爆笑である。あんなに、アツく語ってきた“南雲流健康法”が一番身近にいる家族には全く受け入れられてないという切なさ……。テンションの下がりまくった南雲先生に、

「俺ら一生懸命、授業聞いてきたのに!」「まず夫婦仲(が大事)でしょ!」

 と、イタズラっぽくヤジを飛ばす男子生徒たちの面々。南雲先生いわく「奥さんにウソをついたりするので、あまり尊敬してもらえない……」とのこと。それって、自分のせいじゃん! 自業自得である。たくさんの人々に、自らが編み出した健康法を伝授することも素晴らしいことであるが、ウソをつくばっかりに、身内に理解を得られていないのはなんともお粗末であった。健康法についてはウソではないそうなので、南雲先生の提唱するもので興味のある健康法があったら、試してみるのはいかがだろうか? 私には食べてすぐ寝る勇気もないし、1日1食のドカ食いで満足できる自信はないのだが……。

■テレ川ビノ子/テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「デモ」をもっと詳しく

注目ニュース
多部未華子の垢抜けメイクにお節介アドバイス続出「なんか個性なくなっちゃったな」「もっとナチュラルなメイクにしなよ!」 messy10月17日(火)23時0分
10月13日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)に、ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の番宣で嵐の櫻井翔(35)と多部未華子(2…[ 記事全文 ]
超高齢社会の今、“大人用おむつ”の使命とは何か? NEWSポストセブン10月18日(水)7時0分
厚生労働省の調査では75才以上の46.4%、80才以上の57.0%が尿失禁を経験。半数以上の人が、おむつをせざるを得ない状況であるといえる…[ 記事全文 ]
広島中央署8500万円盗難事件 30代捜査員の「謎の死」 NEWSポストセブン10月18日(水)7時0分
「事件が動くかもしれない。広島県警の事情聴取を受けていた県警の捜査員の一人が、亡くなった。年齢は30代後半だといい、関係者に衝撃が走ってい…[ 記事全文 ]
清水アキラの“号泣会見”に「ウソ泣きにしか見えない」と指摘続々! アサ芸プラス10月17日(火)17時58分
清水アキラの三男・清水良太郎の「薬物逮捕」が世間を騒がせている。10月10日、東京・池袋のホテルで女性に薬物を飲ませたとして通報された良太…[ 記事全文 ]
関ジャニ∞大倉忠義、「女の浮気」にブチ切れ! 三股相談に「古傷をえぐられた?」との憶測も messy10月17日(火)21時45分
10月14日深夜に放送されたラジオ番組『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』(ニッポン放送)で、パーソナリティを務め…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア