狩野恵里アナ 初エッセイ『半熟アナ』を「2分で読めた」と言われる

2月27日(土)12時0分 Techinsight

ナナナと狩野恵里アナ(出典:https://twitter.com/kano_eri)

写真を拡大


テレビ東京の狩野恵里アナウンサーが出版した初エッセイ『半熟アナ』について、ツイッターで「皆さん、本のご感想有難うございます!」と感謝している。出版記念イベントには多くの人々が集まってくれ、彼女が感激で涙する場面もあった。そんな盛り上がりのなか関係者から「2分で読めた」と言われたらしい。

2月21日に都内で『半熟アナ』の出版記念イベントを開催した狩野恵里アナ。イベントを終えて『狩野恵里(kano_eri)ツイッター』で「途中、感極まって謎の涙が飛び出すというハプニングもありましたが、おかげで無事に終了。有難うございました!」とつぶやき、テレビ東京のキャラクター・バナナ社員“ナナナ”と並ぶ姿を公開した。イベントでは“ナナナ”やスタッフたちが手伝ってくれて助かったという。

イベントに参加したフォロワーから「朗らかな人柄にますますファンになりました」「行きましたよ。泣いている所も丁度後ろにいたので見てました。狩野さんが泣いてる所、貴重ですね」「ふだんテレビで見る以上に、魅力的なお方にみえました」等々のコメントが寄せられている。また、『半熟アナ』を読んだ人からは「なんか感動して涙がでちゃいましたよ〜。読んだ後、自分も頑張ろ〜って気になりました(笑)」「一気読み。泣けるページもありました。出版社の担当者さまにも感謝」と感想も届いた。

ただ、読みやすいとはいえ「2分で読めた」は速すぎるのではないか。それでも狩野アナは「小高Pには“2分で読めた”と言われましたが笑、半年間かけて書いたかいがありました」と気にしていないようだ。『モヤモヤさまぁ〜ず2』の小高亮プロデューサーはエッセイの帯にある、さまぁ〜ずの「この本、誰が買うんだよ!(笑)」という言葉にも「本当に誰が買うんだろう…?(笑)」とコメント。さらに三村マサカズも「眠ってる狩野とかどうでもいい写真があるな」とツイートしている。

『モヤさま』流の祝福なのだろう、狩野アナも「小高さん! 笑。どなたか心の優しい方々…が買ってくださることを祈っております」「わあぁ三村さん有難うございます!! 折角の機会なので、眠っている写真やプールサイドの写真やカーテン前の写真などなど、色々撮っていただきました」と明るく返す。『半熟アナ』からは彼女のそんなポジティブな生き方が感じられるようだ。

出典:https://twitter.com/kano_eri
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「狩野恵里」をもっと詳しく

「狩野恵里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ