柴咲コウ、赤ちゃんを抱っこ 主演大河『直虎』8話に本音「なんてタイトルだ!」

2月27日(月)10時23分 Techinsight

赤ちゃんを抱く柴咲コウ(出典:https://www.instagram.com/ko_shibasaki)

写真を拡大

柴咲コウが赤ちゃんを抱っこするところをInstagramに公開した。その姿にフォロワーは「素敵すぎます 私の子も抱っこしてほしい」「見ている私も癒やされたよ」とほっこりしているものの、彼女はNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』のサブタイトル「赤ちゃんはまだか」について黙っていられなかったようだ。

2月26日、『柴咲コウ ko_shibasaki Instagram』にて「今日はポカポカ陽気ですね 写真は友人のbaby!」とのどかな空気が漂う1枚を投稿した柴咲コウ。だが、この日に放送された主演ドラマ『おんな城主 直虎』の第8回はそんな落ち着いた雰囲気ではなかった。

彼女が演じる主人公・次郎法師(のちの井伊直虎)と三浦春馬演じる井伊直親は幼馴染で元いいなずけである。直親はしの(貫地谷しほり)と夫婦となり4年経つがまだ子どもができない。この時代で井伊家の跡取りということもあって子宝に恵まれぬならば側室を置くという話が持ち上がる。しのにとっては夫との愛や立場までも揺らぐ大問題だ。

現代こそ新婚夫婦との会話で子作りの話題に触れる時は神経を使うようになったが、当時は率直に言われたり周囲の噂が耳に入ってきた。井伊家でもすったもんだあり、居たたまれずに家を飛び出したしのが心配して追ってきた次郎法師に刃物を向けるという緊迫した場面にまでなる。

その第8回のサブタイトルが「赤ちゃんはまだか」だったため、柴咲コウは「なんてタイトルだ!」と訴えている。赤ちゃんを抱っこする姿はそんな彼女の気持ちを表そうと投稿したのではないか。

出典:https://www.instagram.com/ko_shibasaki
出典:https://www.instagram.com/shihori_kanjiya
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「柴咲コウ」をもっと詳しく

「柴咲コウ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ