“若き”田辺誠一と鈴木一真 “15歳”の吉川ひなのと飾ったメンズノンノ表紙が衝撃的!

2月27日(月)18時46分 Techinsight

鈴木一真、吉川ひなの、田辺誠一(出典:https://www.instagram.com/hinanoyoshikawa)

写真を拡大

吉川ひなのが20年以上前に表紙を飾った『メンズノンノ』をInstagramに公開して驚かせた。彼女と並んでいるのは若かりし頃の鈴木一真田辺誠一だ。「みんなわかい笑」「めっちゃ可愛やん」などの感想に加え「懐かしい! この表紙見覚えある! 買ってました」という反応が多く当時の人気を思わせる。

現在37歳となる吉川ひなのが2月25日、『吉川ひなの hinanoyoshikawa Instagram』にて「懐かし過ぎる写真が送られてきた」「15歳くらいのときの、メンズノンノの表紙」と投稿した画像は、およそ22年前に発売された雑誌ということになる。鈴木一真(48)と田辺誠一(47)が25〜26歳だった頃だ。鈴木一真は1987年にスカウトされて雑誌『POPEYE』でモデルデビューしており、田辺誠一は同年18歳の時に第2回『メンズノンノ』専属モデルに選ばれてモデルデビューを果たす。

2人はモデルだけでなく俳優としても数々の作品で活躍している。たとえば鈴木は1998年にNHK朝の連続テレビ小説『天うらら』で佐藤宏夫役、2000年にNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』で小早川秀秋役を務め、2005年からの『富豪刑事』シリーズで猿渡哲也役、2007年からは『LIAR GAME』シリーズでヨコヤノリヒコ役を演じたことなどが思い出される。

田辺誠一は1992年、23歳の時に俳優デビューしており、1999年に初監督作品『dog-food』がベルリン国際映画祭に正式招待されるなど監督としても手腕を発揮する。2002年には日本とフランスで公開された映画『ハッシュ!』が『キネマ旬報』の日本映画部門で2位にランクイン、田辺自身も数多くの賞を受賞する。俳優では2008年、映画『ハッピーフライト』で主演を務め、2015年には『紙の月』で梅澤正文役など多彩な演技をこなす。その一方で“かっこいい犬”など独創的なイラストで「画伯」としても知られるようになった。

そんな2人がまだ芸能界に入ったばかりの吉川ひなのと並ぶ姿は、当時の流行りだったのか斬新なヘアスタイルをしている。フォロワーから「15歳で臆することなくポーズ決められるひなのちゃんが凛々しい」「この頃本当にやばい〜可愛すぎます!」と称賛がある一方で、やはり「衝撃的ですねwこの髪型w ピンをバツしてとめたりw」と気になるようだ。

出典:https://www.instagram.com/hinanoyoshikawa

Techinsight

「吉川ひなの」をもっと詳しく

「吉川ひなの」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ