【インタビュー】「バイバイ、ブラックバード」高良健吾「星野は、ばか正直者なので、演じていて楽しかった」 城田優、“女性役”を即決! 脱毛&エステ&ブラ着用でマインドから女性に変身

2月27日(火)18時39分 エンタメOVO

高良健吾(左)と城田優

写真を拡大

 多額の借金の清算として“ある場所”に連れ去られる運命にある駄目男の星野一彦(高良健吾)が、毒舌をふるう怪異な外見の繭美(城田優)をお目付け役に、五股をかけていた恋人たちに別れを告げる数日間を描いたドラマ「バイバイ、ブラックバード」。伊坂幸太郎氏の傑作小説を基にした本作で初共演した高良と城田が、体調不良になるほど過酷な撮影時のエピソード、かつてない役柄へのアプローチ法などを語ってくれた。



−まずは、お互いの印象を教えてください。

高良 とても優しくて、頭の回転がめちゃめちゃ速いです。

城田 若い頃の高倉健さんの雰囲気(笑)。初めて会ったときから熱さが伝わってきてうれしかったし、好印象で気が合う感じがしました。

−役柄の星野同様、お二人も女性の人気が高いですが、それぞれのモテポイントはどこだと思いますか。

高良 とにかく何でも気付くところ。女性はびっくりすると思います。

城田 主張しないで月みたいに輝いているところ。穏やかで一緒にいると落ち着くし、女性は守られている感じがすると思う。俺は太陽だから、「まぶしい、熱い、うるさい」って好き嫌いが分かれるけど、月が嫌いな人はいないでしょ。

−城田さんは今回、“女性役”で出演していますが、オファーを受けた時の率直な感想は?

城田 うれしかったです。やりたい役の一つがおネエ役で、今回は女性役だから全然違うけど、そもそも身長190センチでハーフの俺に女性役がくるはずがないから、このチャンスを逃したら二度とないと、内容も聞かずに「やりたい!」と即答しました。

−ただ、メークやネイルはしていても、声のトーンや言動は、あえて女性らしくはしていませんでしたね。役へはどのようにアプローチされましたか。

城田 そうですね。繭美は女性らしく生きようとしているわけではないし、普段から足を開いて座ったり、人を「おまえ」って呼んだりしているので、そういう役作りはしていませんが、腕の脱毛や、女性っぽいフェースラインをエステに通って作ってもらいました。ブラジャーも着けていたんですけど、不思議とマインドが女性になるから、着替えているときに健吾にのぞかれると、「やめてぇ!」って叫んでいました(笑)。そうやって女性を演じていたので、第1話の耳かきのシーンとか、繭美が無防備になった瞬間にふいに女性が出ちゃうことはありました。

−そんな城田さんの繭美役はいかがでしたか。

高良 繭美役を優くんがすると聞いたときは、こういう攻め方があるんだ…と楽しみでした。撮影中は、繭美の色っぽさは優くんが持つ品の良さから出ていると感じたし、本当にきれいだと思える瞬間もあったので、違和感はなかったです。

−星野は駄目男だけど、どこか憎めないキャラクターですが、演じていていかがでしたか。

高良 五股男と聞くとひどい男のように聞こえるけれど、人とは違う誠実さ故に五股になったというばか正直者なので、演じていて楽しかったです。

城田 星野の気持ちは分かる。俺もいろんな人に助けを求められると、全員にちゃんと接したいし、そこに「付き合いましょう」という言葉の契約とか性的関係がなければ、五股になっちゃうよね(笑)。

−演じる上でこだわったことはありますか。

高良 ポケットに手を突っ込んだり、せりふを変えたり、普段無意識でやってしまうことをやらないという制約を作って臨みました。自分にとって新しい試みに挑戦できて良かったです。

城田 せりふが独特だから変えられないよね。

高良 うん。毎日現場でせりふの言い方を2人で考えて、一字一句、気を付けて徹底してやりました。

−その成果もあって、コンビネーションも、リズムも、素晴らしい会話劇に仕上がっていましたね。

城田 休憩中も、何百返しされても文句を言えないぐらい、女性陣(石橋杏奈、板谷由夏、前田敦子、臼田あさ美、関めぐみ)には「ブス」とか、健吾にも「ゴミみたいな顔しやがって」とかバンバン言っていました。もちろん役作りで言っていたけれど、その空気が楽しくもあり、そういう関係性が本番でも自然に出て、リアリティーのあるものになりました。

−せりふ以外では何に苦労しましたか。

城田 劇中の季節は真冬だけど、撮影は真夏だったので、熱くて、汗だくで大変でした。部屋でのシーンは音が入ってしまうのでエアコンがつけられない状態で、台本7〜10ページ分もあるせりふを、登場人物3人で回さないといけなくて、意識がもうろうとしていました。セミの鳴き声でNGにもなったことも何回あったか…。

高良 せりふは多いし、(カットは)割らないし、撮影は長回しだし、部屋のシーンの前日は憂鬱でした…。

−第1話の星野がラーメンを大食いするシーンもつらそうでしたね。

高良 あれはキツかったです。普段からラーメンはあまり食べないし、グルテンフリーの食生活を続けていて調子が良かったのに、撮影後に体調が悪くなりました(笑)。

城田 4〜5杯分は食べているよね。でも、「無理しています」という芝居じゃなく、本当に無理しているから臨場感はあった。

−迫真の演技をぜひ見てほしいですね。では最後に、視聴者にメッセージを。

高良 劇中で起こる出来事の根っこがすごく大きく、とてもスケールの大きな話のように感じたので、そこを意識しながら楽しんでください。

城田 キャラクターそれぞれに魅力があり、みんな人間なんだな、人って面白いなと思えるドラマです。それは実生活でもそうで、人をうわべだけで判断せず、深いところまで見ると楽しい発見があるということを分かってもらえたらいいですね。

(取材・文・写真/錦怜那)

「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」
2月17日(土)スタート
WOWOWプライム 毎週土曜午後10時〜(全6話 ※第1話無料放送)

エンタメOVO

「バイバイ、ブラックバード」をもっと詳しく

「バイバイ、ブラックバード」のニュース

BIGLOBE
トップへ