東京を舞台に激戦の予感…!『パシフィック・リム』胸アツ必至の日本オリジナルポスター解禁

2月28日(水)8時0分 映画ランドNEWS

日本はじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』5年ぶりの続編、『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日(金)に公開される。この度、本作の日本オリジナル本ポスターが解禁となった。


パシフィック・リム
『パシフィック・リム:アップライジング』日本オリジナル本ポスター

東京タワーの眼前で跪くも臨戦態勢をとり続けるジプシーの姿に、東京で繰り広げられるKAIJUとの壮絶な死闘を予感させ、日本人なら誰もが胸をアツくすること間違いなしの日本オリジナル本ポスター。


朝焼けに染まる東京のど真ん中で、深手を負わされ膝をつきながらも、右腕のチェーンソードや胸元のタービン、そして鋭い眼光が光り続けるジプシー・アベンジャーの姿が捉えられている。さらなる進化を遂げ人類に襲い掛かるKAIJUと、グレードアップした新イェーガー達のすさまじい激戦を物語っており、KAIJUの脅威に屈することなく再び立ち上がらんとする瞬間を捉えた胸アツ必至のポスターは、本国のフィルムメーカーの日本へのリスペクトからオリジナルデザインの制作そのものが特別措置として認められた、世界で唯一、完全オリジナルのデザインだ。


東京の高層ビル群で死闘が繰り広げられる本作について、ギレルモ・デル・トロに認められ遺志を継ぐ男スティーヴン・S・デナイト監督は「私は日本の怪獣映画を見て育ったんだ。そのときの想いを反映したかったから最終決戦の地を東京にしたよ!初代『ゴジラ』の時から、東京での大戦闘が好きなんだ。進化したホログラクィックな美しい東京なんだけど、もちろんそれを破壊する!(笑)」とクライマックスの舞台を自身が愛し本作のルーツともいえる日本・東京に設定したことを激白。


KAIJUとの激戦の果てに東京の街と共に傷つきながら、なおも立ちあがるイェーガーの姿が刻まれたこのビジュアルこそ、まさしくデナイト監督が描きたかった戦いそのもの。さらに「この作品の大事な点でありパシフィック・リムで好きなのは人間味。巨大イェーガーの中にいるのは『自分×1000』なんだ。そして今回、イェーガーと操縦するパイロットの動きをもっと自由にしたかった。もっと自由で様々な技を極められるようになり、私たちも大興奮だ!」と豪語しており、本作で描かれる東京を舞台にしたKAIJU対イェーガーの戦闘シーンは観る者の度肝を抜き、我々を驚かせてくれるに違いないことを証明するビジュアルが完成した。





前作で描かれた人類(イェーガ—)とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し世界を絶望の淵へと突き落とすさまを描く本作。主人公ジェイク・ペントコスト役のジョン・ボイエガをはじめ、スコット・イーストウッド、アドリア・アルホナ、ジン・ティエン、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら前作のキャラクターも引き続き活躍し、新キャストとして新田真剣佑が名を連ねる。


映画『パシフィック・リム:アップライジング』は4月13日(金)より全国公開


©Legendary Pictures/Universal Pictures.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「パシフィック・リム」をもっと詳しく

「パシフィック・リム」のニュース

BIGLOBE
トップへ