オスカー主演男優賞ラミ・マレックの新作『パピヨン』6月公開、13年に及ぶ命がけの脱獄劇描く

2月28日(木)7時0分 映画ランドNEWS

チャーリー・ハナムとラミ・マレックが共演する映画『パピヨン』が6月21日(金)より公開されることがわかった。


パピヨン


『パシフィック・リム』『キング・アーサー』などで知られるチャーリー・ハナムと、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが共演する本作。原作は、作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした終身刑囚“パピヨン”の13年に及ぶ命をかけた脱獄劇。過去にフランクリン・J・シャフナー監督と、ハリウッドの異端児と呼ばれた脚本家ダルトン・トランボのタッグにより映画化され大ヒットを記録している。


パピヨン


今回解禁になったメインビジュアルは、パピヨンとドガが並んだ1973年版のポスターにオマージュを捧げながらも、よりスタイリッシュにアップデートされている。パピヨンを演じたハナムはヒット作の続編『パシフィック・リム2』のオファーを断り、本作を優先させた。「僕はマイケル・ノアー監督の大ファンで、ずっと一緒に仕事をする機会を熱望していた。それに、『パピヨン』は僕の青春時代にとって、非常に重要な作品だったんだ」と語る。制作陣にとってもハナムは、より原作のキャラクターに近い若い“パピヨン”像だったという。


パピヨン


ドガ役には当初からマレックが候補のトップに挙がっていたが、多忙なスケジュールのせいで、一時は出演が危ぶまれた。ハナムは「僕にとってラミ以外の選択肢はなかった。彼がドガを演じるというアイデアに固執するようになり、いよいよラミの出演が不可能な状況になりそうになった時、彼に電話をかけ、“ブラザー、やり抜こう!この映画を俺たちで実現させるんだ!”と言ったんだ。その時、僕らはお互いをよく知らなかったし、彼にとってはある種のプレッシャーだったと思う。でも、ありがたいことにラミは僕を受け入れてくれたんだ」とコメントしている。


マレックにとってもオリジナル映画は、思い出深い作品だった。「『パピヨン』は僕に強い影響を与えた作品だったので、この物語のリメイクは非常に刺激的になると感じたんだ。新たな解釈をするには、十分な時が経っている。僕はホフマンの解釈するルイ・ドガが好きだ。そして僕は、このキャラクターをもう少し尖らせ、脆さを抑えた。ドガを演じることは本当に楽しいことだった」と語っている。


映画『パピヨン』は6月21日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他全国公開


(C)2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「ラミ・マレック」をもっと詳しく

「ラミ・マレック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ