たんぽぽ川村の女優への気遣い、矢作も感心

2月28日(火)11時40分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコ(37歳)が、2月27日に放送されたバラエティ番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)に出演。自撮りやSNSへの投稿などについて語った。

この日、「かわいい子は自撮り棒を持っていない!?」との話題になった際に、かわいい子は「近距離でもかわいいから自撮り棒が必要ない」「他人に頼みやすい」「自分が撮らなくても誰かが撮る」などの意見が続々。

その流れで、川村が自撮りについて「私、女優さんがいたら、『私撮ります』と言って、わざと前に出て顔を大きく写します」と、独特な気遣いをしていることを明かした。これには番組MCのおぎやはぎ・矢作兼(45歳)も「気を使うんだね−。自分のポジションをちゃんと明確に分かっているんだね」と感心。

また、街ゆく人からのアンケートVTRから「ブスに限って美味しい食べ物をSNSに載せたがる」「顔や体型の一部だけを載せる」など辛辣な意見が飛び出すと、川村は「自分の代わりに小さい人形を添えて食べ物の写真をアップする」と語り、スタジオの自称“ブス”たちのほとんどが共感した。

川村は「私だったらコケシとかでやっちゃう。自分の姿は隠して、思い出を載せる。自分が行っていたとか、自分が好きなものという意味で(自分の代わりに)載せたいという気持ちなんだよね」と持論を展開した。

ナリナリドットコム

「たんぽぽ」をもっと詳しく

「たんぽぽ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ