人気バスケ漫画「あひるの空」ついにTVアニメ化

2月28日(水)15時33分 ナリナリドットコム

累計2,400万部を誇る人気バスケットボール漫画「あひるの空」(作:日向武史)が、連載スタートの2004年から実に14年の時を経て、ついにTVアニメ化が決定した。

同作は、実写のように迫力あるシーン表現と、繊細で純度の高い心理描写で、永きにわたり多くのファンの支持を得続けている作品。九頭龍高校(通称:クズ高)を舞台に、不良の巣窟となったバスケットボール部に入部した主人公・車谷空の奮闘や成長が鮮明に描かれている。

TVアニメ化発表と共に公開されたビジュアルは、滴る汗もそのままに、主人公の車谷空が真っ直ぐ前を見据えるもの。

総監督は、「風夏」や「艦隊これくしょん -艦これ-」などを手掛けてきた草川啓造が担当。アニメーション制作は「BEATLESS」や「アホガール」など、話題の作品を次々と生み出しているディオメディアが担当する。


☆アニメ「あひるの空」概要

原作:日向武史「あひるの空」(講談社『週刊少年マガジン』連載)
総監督:草川啓造
監督:玉木慎吾
シリーズ構成:雑破 業
キャラクターデザイン:本多美乃
アニメーション制作:ディオメディア

ナリナリドットコム

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

BIGLOBE
トップへ