人生75年を十五番勝負に喩えたら ドン小西氏は「六勝七敗」

2月28日(火)16時0分 NEWSポストセブン

50歳の時は人生最悪だったというドン小西氏

写真を拡大

〈大相撲がはじまると、人生もまた十五番勝負だな、と思う。はたして、いまの私は何勝何敗なのであるか〉〈七十五歳で十五番勝負をするとすれば、五年間が一勝負となる〉──。「人生十五番勝負」という人生観について語った作家の嵐山光三郎氏による「文藝春秋」2月号掲載のエッセイが話題となっている。千秋楽を迎えたら、あなたの人生は勝ち越しか負け越しか。


 0歳から5年ごとに人生を区切り、勝敗を出した嵐山氏は75歳の今年、七勝七敗で千秋楽を迎えるとして、〈なんとか八勝七敗で勝ち越して、字余りの時間を漂流したい〉という。0歳から5年ごとに人生を区切り、自分で勝敗をつけてしまうというのだから、なんとも明快な人生回顧である。では各界の著名人は、どんな“星取表”なのか。


 三重県出身《ファッション部屋》のドン小西氏(66)はまさに勝ったり負けたりで、年商30億円の実業家として乗りに乗っていた時期もあれば、15億円の負債を抱えてお先真っ暗になっていた時期もある。


 初日から三日目(0歳から15歳)までは3連勝。裕福な呉服屋に生まれ、そのまますくすくと育つ。黒星を初めて喫したのは四日目(16〜20歳)。高校入学で上京したときだ。


「寮での生活が軍隊みたいで、しごかれて大変だった」


 ところが次の取組は豪快な電車道。


「20代前半は大学を中退して、酒にディスコに女性に、やりたい放題だったね。同時に15人のガールフレンドと付き合っていた。イヴ・サンローランのパンツを買うために3〜4日食べないこともあったけど、刺激的だったよ」


 中日(36〜40歳)には大金星を挙げる。ビートたけしら著名人が愛用したことで、小西氏のブランドの知名度が急上昇したのだ。


「当時の俺は、今更ながらたいしたもんだと思う。売り上げはピークで年商30億を超えたし、家を買って車も7台持っていた。もっとも、そう思えるのはこの年になったから。何だってそうだけど、勝てた瞬間ではなく、後になって嬉しいって思えるんだ」


 ところが中日を五勝三敗で順調に折り返すも、ここからなんと4連敗を喫して土俵際に追い込まれる。


「日本のマーケットは平気で手のひらを返すから、あれだけもてはやされたのが嘘のように赤字を出した。自分の身の丈を超えていたんだろうね。うつ病にもなった。50歳の時は、人生最悪だったよ」


 会社の縮小を余儀なくされ、家も車も、さらには自身のブランドまでも手放した。積み上がった15億円の借金を返済する生活。そんな小西氏が連敗街道を抜け出したのはようやく十三日目(61〜65歳)。


「借金返済の目処も立って、これから人生をどう楽しんでいこうかと考えるようになったんだよ。62歳の時に心臓弁膜症の手術を受けて30代の心臓も授かった」


 現在の成績は六勝七敗。勝ち越すには一番も落とせない状況に変わりはないが、小西氏は明るい。


「守りに入らずに生きていれば連勝できる。そうすりゃ八勝七敗で立派な勝ち越しだよ」


※週刊ポスト2017年3月10日号

NEWSポストセブン

「ドン小西」をもっと詳しく

「ドン小西」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ