亡きジョンヒョンに届け SHINeeの決意を見せた日本公演

2月28日(水)20時0分 NEWSポストセブン

メンバーにとってもファンにとっても特別な公演だった(開演前の東京ドームの様子)

写真を拡大

「ジョンヒョ〜ン!」コンサート中、メンバーは天を仰いで呼びかけ、ファンはありったけの声援を天にまで届かせた。男性K-POPグループSHINeeが2月27日、約18万人を動員したドームツアー「SHINee WORLD THE BEST 2018〜FROM NOW ON〜」の最終公演を東京ドームで行い、完走した。今回のツアー(2月17、18日京セラドーム、2月26、27日東京ドーム)は、SHINeeにとってもファンにとっても特別なコンサートだった。2017年12月、メンバーの一人であるジョンヒョンが突然死去(享年27)した後、公で初めて行うパフォーマンスの場だったからだ。


 ジョンヒョンの死去を受け一度は開催が保留されたツアーだが、メンバー自身が遂行することを決断し、当初の予定通りの日程で行われることになった。K-POPに詳しい女性ライターはこの時の事情についてこう語る。


「コンサート開催どころか、SHINeeの存続自体にも不安を感じていたファンが多かっただけに、メンバーの勇気ある決断には安堵と感謝の声が溢れました。それでも、“ジョンヒョンがいないSHINeeを見る勇気がない”とチケットの申し込みを見送る人もいたようです。無理もないです。特に日本のファンは、推しメンがいたとしても“何よりもチームワークが良い5人のSHINeeが大好き”という人が非常に多いので…」


 チケットを取ったファンからも当日まで「ジョンヒョンがいないことを受け入れられるだろうか」という心配の声がそこかしこで聞こえたという。そしてメンバーのミンホがライブ中に「実はすごく不安で怖かった」と明かしたように、誰よりもSHINeeのメンバーたちが不安と緊張の中にあっただろう。


 そうして迎えたドームツアー。メンバーが泣きながら歌うシーンも度々あり、泣き崩れるファンも多かった。それでも「行ってよかった」とファン達は口を揃える。


「メンバーのジョンヒョンへのメッセージともとれるVTRが流れたり、ジョンヒョンのかつての歌唱シーンが巨大モニターに映し出される中でメンバーが一緒に歌ったり…。“これからも5人でステージに立っていると思いながら頑張っていきます”というメンバー・ミンホの言葉通り、ジョンヒョンは永遠にSHINeeのメンバーだと感じられる素晴らしい公演でした」(同前)


◆「ジョンヒョンがステージにいるように感じられた」


 乗り越えたふりをせずに、今のありのままの感情をむき出しにパフォーマンスをしてくれたからこそ、ファンも共感し、ともにステージをつくりあげることができたと考えても良いだろう。


 圧巻だったのは、コンサートのラスト曲『From Now On』のステージだ。舞台には5本のスタンドマイク。真ん中にあるジョンヒョンの定位置にも一筋のスポットライトが当てられている。曲が流れだすと、初めて聞くジョンヒョンの伸びのある歌声が流れ、ハッとさせられる。生前、5人全員で収録した新曲なのだという。メンバー達は時々涙をこらえるように歌いながらも、ジョンヒョンの位置に目をやり、美しいハーモニーを奏でる。


 現場にいたファンの一人は、「ジョンヒョンがステージ上にいるように感じられました。メンバー含むあの場にいた全員がそう感じていたと思います」と振り返る。歌い終えるとメンバーがそれぞれ、追悼の意を表すかのようにスタンドマイクに薔薇を差し込み、ステージを後にした。


 会場にはファンからジョンヒョンを呼ぶ声が鳴りやまない。たとえ涙を流したとしても、ジョンヒョンの死をうやむやにせず、きちんと向き合おうとするメンバーとファンの真摯な姿がそこにはあった。


 特筆すべきは、難易度の高い歌・ダンスで魅せるメンバーの息の合ったSHINeeならではのパフォーマンスがこのツアーでも驚くほど健在だったこと。ジョンヒョンの音声が流れない歌でも代わりに別のメンバーが歌いあげ、4人に組み直したフォーメーションも完璧なまでにこなしていた。


「ドーム公演の決行を発表したのが1月上旬だったことを考えれば、精神的にも苦しい中、この短い期間で高い完成度に仕上げた彼らの努力とポテンシャルに感服せずにいられません」(現場にいた別のファン)


 そして、メンバーは次のようにステージで語った。「パフォーマンスだけでなく、さらに絆が固くなったSHINeeをこれからも見守ってください」(テミン)、「これからのSHINeeも応援してください」(キー)、「絶対に戻ります」(オンユ)と、メンバー自身の言葉でも“これからもSHINeeを続けていく”という強い覚悟を伝えた。


 デビュー曲『Replay〜君は僕のEverything〜』の歌唱中には、「FOREVER 5HINee」という文字が客席に浮かび上がるというファンからのサプライズも。「5HINee」とは“SHINeeは5人”を意味する造語。これにはメンバーも驚き、目を潤ませていた。「僕たちと皆さんが共感しあえた」とのリーダー・オンユの言葉通り、ファンとの絆、そしてSHINee5人の絆を再確認できたこのツアー。悲しみを隠さずファンと心を寄せ合いながらもクオリティの高いステージを完走し、前を向く姿をSHINeeは見せた。

NEWSポストセブン

「SHINee」をもっと詳しく

「SHINee」のニュース

BIGLOBE
トップへ