再婚・竹内結子「QUEEN」大爆死もトップ級のギャラが支払われていた!?

3月1日(金)10時0分 アサ芸Biz

竹内結子

写真を拡大

 2月26日発売の「フラッシュ」が、現在、ドラマに出演している俳優たちのギャラを掲載した。今期もっとも成功しているドラマは、菅田将暉主演「3年A組 —今から皆さんは、人質です—」(日本テレビ系)だという。

「今回『フラッシュ』は、大手広告代理店から入手したという俳優たちのギャラを掲載。今クール、視聴率が好調な『3年A組』は、菅田のギャラが1本あたり150万円であるものの、生徒役の多くは新人俳優なのでギャラが安く、非常にコスパが良い作品なのだとか。他には、『グッドワイフ』の常盤貴子は180万、『後妻業』(フジテレビ系)の木村佳乃は150万、『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)の高畑充希は130万などと暴露されています」(テレビ誌記者)

 そして今期、主演女優の中でも特に高いギャラだったのが、「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)で主演を務める北川景子の200万円である。記事によると、北川は同ドラマで初めてこの大台に到達したようだ。

 そんななか、もう1人の200万円女優が竹内結子だという。

「北川は『家売るオンナ』が高視聴率で結果を残していますが、竹内は高額ギャラであるにもかかわらず、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)は爆死状態。初回視聴率9.3%を記録して以降は、5〜7%を彷徨っており、1度も2ケタに到達していない。もしこのまま下がり続けるようなことがあれば、次のドラマからギャラが下げられてしまう可能性もあるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 はたして竹内は、再婚の勢いに乗って最終回までに視聴率を巻き返すことができるだろうか。

アサ芸Biz

「ギャラ」をもっと詳しく

「ギャラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ