グラビア美BODY五輪(1)「爆裂バスト部門前編」 天木じゅん、RaMU、柳瀬早紀がデットヒート

3月1日(木)9時59分 アサ芸プラス

 平昌オリンピックは日本人選手のメダルラッシュに沸いたが、グラビア界に目を向ければ、世界に通じるメダル級の逸材ボディの持ち主は数多い。それぞれの自慢のパーツで争う美BODYの祭典が今、ここに開幕!

 まずは、グラビア界のメイン競技でもある「爆裂バスト」部門から──。ますます巨大化するグラドルたちに敬意を表し、Hカップ以上のグラマラスだけを選抜!(選考は発売中のアサ芸Secret!Vol.50より)

金メダル 柳瀬早紀(153センチ B100・W65・H89)

 三十路を間近に控えても、ますます迫力を増す“やなパイ”のメガトン級Iカップ。全身が細くなってもバストの重量は変わらないことに、スーパー金メダルを献上したい!

銀メダル RaMu(148センチ B90・W58・H80)

 グラビア界屈指の美少女フェイスだが、小柄な体に似つかわしくないHカップも大きくK点超え。ハタチになっても成長が楽しみだ。

銅メダル 天木じゅん(148センチ B95・W57・H83)

 二次元ボディはさらに未開の荒野をゆく。社会現象になった「未経験男子を殺すセーター」だけでなく、アンダーウエアを上下逆に着たことも。

4位入賞 来栖あこ(158センチ B110・W65・H90)

 出たー、110センチ! 通報されてしまうレベルのKカップがグラビア界に参入し、早くも大人気。色白の童顔であることも高評価。

5位入賞 吉田実紀(165センチ B100・W73・H95)

 ありがたいことに、こちらもKカップのニューカマーが昨年11月にDVDデビュー。もう「ふわとろ」としか呼びようがない豊満感。

6位入賞 日比谷亜美(158センチ B100・W65・H82)

自称「そのへんにいそうな」顔立ちだが、そのIカップはそんじょそこらにいないド迫力。ファンが「下チチ大明神」と崇めるのも納得。

アサ芸プラス

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

BIGLOBE
トップへ