グラビア美BODY五輪(2)「爆裂バスト部門後編」Hカップの“わちち”がポスト優香に名乗り!

3月1日(木)17時58分 アサ芸プラス

 平昌オリンピックは日本人選手のメダルラッシュに沸いたが、グラビア界に目を向ければ、世界に通じるメダル級の逸材ボディの持ち主は数多い。それぞれの自慢のパーツで争う美BODYの祭典が今、ここに開幕!

 グラビア界のメイン競技でもある「爆裂バスト」部門、惜しくも入賞を逃したものの、観客の視線をクギ付けにしたファンタスティックバストの面々を紹介しよう。(選考は発売中のアサ芸Secret!Vol.50より)

メイリ(154センチ B90・W56・H87)

 アイドルユニット「アフィリア・サーガ」を卒業し、グラドルとして一本立ち。色白美肌なマシュマロIカップという堂々のキャッチ。

わちみなみ(165センチ B94・W60・H87)

 優香を生んだホリプロが久々に手掛ける大型グラドル。そのダイナミックなHカップは、早くも「わちち」の愛称で各誌を席巻中。

岸明日香(158センチ B90・W58・H88)

 女優展開も順調だが、自慢の谷間はCMでも「なでなでして〜」とフルオープン。大滑降したくなるツルルンとしたスラロープだ。

宮里ゆりは(160センチ B95・W60・H83)

 純朴な顔立ちだが、バストはドーンとHカップ。しかも、バストだけでなく、カラダのあちこちが艶っぽいというギャップに萌え萌え。

橋本まどか(154センチ B96・W63・H89)

 ぬおおっ、レッドゾーンを飛び出し、ペナルティ寸前のHカップを見よ! 鏡割りの季節が終わっても、まだ残っていたお供え餅!

桐山瑠衣(157センチ B104・W61・H94)

 活動再開後、あどけないフェイスはそのままに、ボディのほうはさらに成長してスーパーヘビー級に。桐山瑠衣なら、それも許される。

結城ちか(153センチ B100・W60・H86)

 まだ成人式が済んだばかりだというのに、自身で芸能プロも経営するマルチ才女。メリハリのあるボディは、近い将来の強化指定選手。

神宮寺かなん(168センチ B90・W60・H93)

14キロのダイエットと育乳マッサージにより、超のつくハイパーボディが完成。活動の拠点は福岡に置いているが、中央進出も必至だ。

夏来唯(160センチ B95・W70・H93)

 人材派遣会社のOLが昨年の12月に初DVDをリリース。キャッチフレーズの「収まりきらないHカップ」で今年の台風の目と呼ばれる存在に躍り出た。これからさらにIカップ、Jカップと進化しそう。

アサ芸プラス

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

BIGLOBE
トップへ