天才テリー伊藤対談「辰巳奈都子」(1)自分からセレブと言ってはいません

3月1日(金)5時57分 アサ芸プラス

●ゲスト:辰巳奈都子(たつみ・なつこ) 1988年、東京都生まれ。2004年にデビューして、映画「スウィングガールズ」やドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)に出演するなど女優として活躍。07年には「ミスFLASH」でグランプリを獲得し、グラドルとしても人気を博す。16年、グラドルからの卒業を発表し、活動休止状態に。18年末、バラエティー番組で「1カ月の食費が100万円に達する」ことを告白すると、その後も多くの番組に出演し、“謎セレブキャラ”として再ブレイク。約9年ぶりとなる写真集「N30」(ワニブックス)が発売中。

 元グラビアアイドルで、現在も女優・タレントとして幅広く活躍中の辰巳奈都子。最近では料理の研究に余念がなく、バラエティー番組で月の食費が平均100万円超えという告白をしたことも話題となった。お金も美貌も大いに気になる天才テリーが、そんな彼女に鋭く迫る!

テリー 9年ぶりに写真集が出たんだってね。

辰巳 はい、ぜひ見てください(と写真集を手渡す)。タイトルの「N30」は、奈都子の頭文字と撮影当時の年齢を合わせたものです。

テリー おー、ポーズも実に凝っている。しかも、体のカーブがすごいね。

辰巳 ありがとうございます、ウエストのくびれを強調するポーズは私の売りなんですよ(笑)。

テリー 最近は「1カ月の食費が100万円」みたいなアピールをするセレブキャラで話題になっているよね。あれって、どこまでが本当なの?

辰巳 ほぼ全部本当です。

テリー ウソでしょう、何を食べたら100万円もかかっちゃうの。

辰巳 例えば北京ダックを食べる場合、香港へ行く飛行機代やホテル代も必要ですよね。そういう費用も含めると、毎月100万円近くかかるんです。

テリー それ、仕事じゃなくて?

辰巳 プライベートで、しかも1人で行っています。

テリー そもそも、こっちは味の本場まで足を運ぶという発想がないよ(笑)。お金はどうしているの?

辰巳 私のことをいつも応援してくれている方々がいるんです。でも皆さんが想像するような、いわゆる「ギブ・アンド・テイク」的な関係ではないですよ!!

テリー またまた。そんな都合のいい話があるわけないじゃない。

辰巳 本当なんですよ。例えば、皆さんで一緒に食事なんかをして軽い雑談をしている時に、私が「今こういうことに興味ある」「ここへ行ってみたい」って言うと、そのための費用を負担してくださるんです。何にでもお金を出すわけではなく、私の将来の財産になることに対して応援してくれていて。

テリー へー、世の中にそんな懐の深い人がいるのかな。もし俺がその立場だったら「セックスくらいさせろ!」って言うと思うんだけどなァ。

辰巳 アハハハ、そうなんですか〜。

テリー でも、そういうことなら、辰巳さんのことを「セレブ」と言うのは正しいのかな? だって、自分が稼いだりして持っているお金で贅沢をしているわけじゃないものね。それって、相撲でいうところのタニマチというか、いわゆるスポンサーみたいなものなんじゃないの。

辰巳 そもそも「セレブキャラ」というのも、私自身から発信したわけではないんです。そういうライフスタイルを説明するのに、その言葉がイメージとして人に伝わりやすいので、広まっていっただけなんだと思います。

テリー しかし、すごい話だよね。俺が同じこと言っても、絶対お金なんか出してもらえないよ。やっぱり、美人は得だよなァ。

アサ芸プラス

「辰巳奈都子」をもっと詳しく

「辰巳奈都子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ