天才テリー伊藤対談「辰巳奈都子」(3)これまでの恋愛はフラれてばかりで

3月1日(金)12時57分 アサ芸プラス

テリー そういう旅行は、彼氏と行ったりするの?

辰巳 いえ、基本1人です。時々、同級生や、お仕事の仲間と行くこともあるんですけれど。

テリー それ、本当に?

辰巳 今、恋愛はこじらせ中です(笑)。7年ぐらい前から理想が高くなってしまって、もう4、5年も彼氏がいないんです。

テリー へぇ、美人で今が女盛りなのに、もったいない話だ。これまで、どういう恋愛をしてきたの。

辰巳 10代の頃はもう芸能活動をしていたので、芸能関係者の方とおつきあいさせていただいたこともありました。

テリー 高校生なら、芸能関係の人なんてまぶしく見えちゃうよな。

辰巳 はい、やっぱり皆さん、カッコよかったし、年上の人の世界に憧れていたこともあって。だから、その頃は三宿なんかでよく遊んでいましたね。

テリー ああ、当時の三宿のプールバーは、芸能関係の人がいっぱいいたよな。

辰巳 「三宿の交差点、カッコイイな。私、芸能人なんだよね」なんて思っていました(笑)。

テリー 遊ぶのは夜なんだから、どうせ悪いこともしていたんだろう。

辰巳 いえいえ、彼の部屋に入り浸ったままで、家に帰らなくなったり、学校も休んじゃった、くらいの感じです。

テリー まさに青春だね、うらやましいな。その彼とはどのぐらい続いたの?

辰巳 2〜3年です。20歳ぐらいの頃に彼が浮気していることがわかって、別れたんです。

テリー へえ、詳しく聞かせてよ。

辰巳 クリスマスイブの深夜0時ぐらいに、サプライズで彼の家に手作りのケーキを持って行ったんです。そしたら彼、玄関をちょっと開けて話すだけで、全然家に入れてくれないんですよ。怪しいなと思って、強引に中に入ったら、彼のベッドに知らない女性が寝ていました。

テリー わー、絵に描いたような修羅場だよ。

辰巳 私も気が強いほうなので「彼女なんだけど!」ってスゴんでも、相手に「私はアバンチュールだから」なんて軽く返されてしまって(苦笑)。向こうは大人の女性で、まったく太刀打ちできなかったんですよ。彼にも全然悪びれる感じがなくて。すごくショックを受けて彼の家を飛び出して、「やるき茶屋」で朝まで泣いていました。

テリー やる気じゃなくて涙が出たか。そりゃそうだよな、そんな光景を見ちゃうとね。

辰巳 今でもお店の看板を見ると、あの時のことを思い出して、胸がザワザワしますね。その後、おつきあいした彼もいたんですが、私の恋愛依存体質のせいで、ダメになっちゃいました。彼が知らない友達と楽しく過ごしているのを見ただけで泣いたりして、ずいぶん困らせたので。私、実は恋愛に関しては、フラれてばっかりなんですよ。

テリー そんなことで泣いちゃうなんて、意外に乙女なんだなァ。ちなみにその時は、どこで失恋の傷を癒やしたの?

辰巳 その時は、ニースへ行きました。

テリー 泣く場所が、やるき茶屋からニースに? すごいグレードアップぶりだな(笑)。

アサ芸プラス

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ