RADWIMPS・野田洋次郎がTVドラマ初出演&初主演 漫画「100万円の女たち」がテレビ東京とNetflixの新ドラマ枠「木ドラ25」で実写化

3月2日(木)6時0分 BIGLOBEニュース編集部

RADWIMPS・野田洋次郎がTVドラマ初出演&初主演

写真を拡大

人気ロックバンド「RADWIMPS」のヴォーカル・野田洋次郎主演で、青野春秋原作の人気コミック『100万円の女たち』がドラマ化され、Netflixとテレビ東京で4月から放送されることがわかった。


Netflixとテレビ東京は、木曜深夜にオリジナル・ドラマシリーズを放送する「木ドラ25」を新設。「木ドラ25」の第1弾となる『100万円の女たち』は、Netflixでは4月7日から配信、テレビ東京では4月13日より毎週木曜深夜1時から放送される。


映画「君の名は。」の音楽を担当し、役者としても日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している「RADWIMPS」の野田がTVドラマに初出演で初主演を務める。『100万円の女たち』で野田が演じるのは、売れない小説家・道間慎。彼はある日どこからともなくやってきた、まったく素性の知れない5人の美女たちと1つ屋根の下で暮らすことになる。女たちは毎月100万円もの大金を家賃兼生活費として彼に支払う。彼女たちは何の目的で慎のもとに集まってきたのか、回を追うごとに謎が解明されていく密室ミステリードラマとなっている。


野田は、5人の魅力的な女性たちとの共同生活について、「夢のようなシチュエーションに翻弄されないか少し不安はあります」とコメント。しかし、「青野先生原作のあの不思議な空気をまといながら、ちょっとイビツな新体験を観てくださる方々にお届けできたらと思っています」、「僕自身、右も左も分からない身であるからこそあまり既存の枠にとらわれずに面白い作品ができるよう、前に前に挑戦していきたいと思います」と初主演への意気込みを語った。5人の美女たちや脇を固める個性派俳優陣は今後発表される。


<あらすじ>
道間慎(野田洋次郎)は売れない小説家。
彼は半年前から5人の謎の美女たちと一つ屋根の下で暮らしている。
女たちは家賃兼生活費として毎月100万円もの大金を慎に支払う。
この共同生活にはいくつかルールがあり、彼女たちに対する質問は一切禁止されている。5人の美女たちの年齢は10代から30代と幅広いが、彼女たちがなぜこの家に集まってきたのか、普段は何をやっているのかなど一切は謎に包まれている…。しかし、彼女たちとの奇妙な共同生活を通じ、女たちの過去や存在理由などが少しずつ解明されていく…。同時に彼自身の身にも思いもよらなかった変化が起き始め、彼を取り巻く環境はどんどん変わっていく。
そして、ある日。美女たちとのちょっと奇妙な共同生活に幸せを感じ始めていた慎に、すべてを崩壊させる事件が起きる…。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「100万円の女たち」をもっと詳しく

「100万円の女たち」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ