元AKB48・松井咲子、左右の胸のサイズの違いに悩み...“お豆さん“の大きさと色を暴露されて赤面

3月1日(火)23時0分 メンズサイゾー

 29日深夜に放送された単発バラエティ『真夜中の保健室』(日本テレビ系)で、元AKB48松井咲子(25)が女性ならではの悩みを告白して話題を呼んでいる。


 この番組は、女性芸能人が他人にはなかなか相談できない"カラダの悩み"を、ドクターに扮したMCの有吉弘行(41)に打ち明けるというもの。昨年秋の第一弾では、タレントの鈴木奈々(27)が「下の毛が濃くなった」ことを相談し、女性ホルモンを補う納豆を食べることによって「毛が薄くなる」と、専門家からアドバイスを受けていた。


 そんな番組で、松井は「胸の大きさが左右で違う」と告白。左胸はCカップあるが右胸はAカップで、普段からその差を埋めるためにパットを詰め込んでいるという。「ノースリーブのドレスなどを着ていると、ズレてしまうのではないかと怖い」と、芸能活動においても支障をきたしているようだ。


 さらに松井は、「大きい胸には大きな乳首が、小さい方には小さい乳首が備わっている」と、バストトップの悩みも告白。これを聞いた女性共演者たちは「いったいどういうこと?」と興味を抱き、実際にスタジオで確認することに。カメラに背を向けた状態で松井が胸をあらわにすると、女性タレントたちからは「思った以上に左右の大きさが違う」と驚きの声が上がった。


 松井が心配した乳首の大きさについては、お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコ(36)が、「お豆さんは一緒じゃないかな」とコメント。本人が思っているほどバストトップの大きさに違いはないようだが、川村に「いい色してました」と暴露されて頬を赤く染める一幕もあった。


 その後、民間療法を使って松井の胸の状態を改善することに。そのVTRでは、松井がバストアップに効果があるというバラのアロマオイルを入れた風呂につかり、胸を中心にマッサージを受ける姿が公開された。本人とすれば切実な悩みに違いないが、タオル越しの胸を映したVTRはかなり刺激的で、ネット上の男性ファンからは、「生々しすぎる!」「これはエロい」と興奮気味なコメントが多数寄せられたのだった。


「松井さんといえば、昨年8月にAKB48を卒業しましたが、グループ在籍時から、お笑い芸人・山里亮太(38)のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)にゲスト出演し、ディープな下ネタにノリノリで対応していた。その中には自身の胸に関する話題もあり、山里さんから『(胸のふくらみは)肩甲骨くらい』とイジられた際には、『だったら胸が大きくなる下着を買ってくれ』などと返していました。


 アイドルの中には下ネタをNGにする子も多いですが、松井さんの場合はむしろ積極的で、山里さんとのやり取りはファンにも好評。一時期、『不毛な議論』と『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)が同じ時間帯になったことから出演できない状態が続きましたが、グループを卒業してからはたびたび登場しており、刺激的なトークでファンを楽しませています。


 そういった個性を持つ松井さんですから、今回の放送を見たファンからは『さきっちょ(松井の愛称)らしい』といった声も大きい。まだまだ一般的な知名度という意味では物足りない部分もありますが、かつて出演したテレビでは、長年バラエティ界の第一線にいる島崎和歌子さん(42)を目標にしていると話していましたので、下ネタをベースにした歯切れのいいトークなどが武器になれば面白そうです」(ネットライター)


 元アイドルらしからぬキャラを持つ松井。そんな彼女は東京音楽大学に在学中で、ピアニストとしての実力は芸能界屈指とも言われる。AKB48の選抜総選挙では圏外になることもあったが、セクシーなイメージもある個性とピアニストとしての実力を存分に発揮できれば、息の長い芸能活動を送れそうだ。
(文=aiba)

メンズサイゾー

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ