二宮和也、嵐は「お休みするだけ」 先輩・木村拓哉のメールにも感謝

3月1日(金)21時22分 マイナビニュース

第42回日本アカデミー賞の授賞式が1日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪にて行われ、優秀助演男優賞を受賞したアイドルグループ・嵐の二宮和也が登場した。

木村拓哉とともに出演した映画『検察側の罪人』での演技で評価を受けた二宮は、2017年に主演した映画『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』で共演した西島秀俊の手を取り、振ろうとしながら登場。さらに、逆に西島から手を取られ、されるがままにブンブンと振り歓声を浴びる。司会の西田敏行から「ここで、嵐が終わるということは……」と話しかけられると、「嵐は終わらないですから! お休みするだけですから!」としっかり否定した。

同作では、二宮が酒向芳を追い詰める取り調べのシーンでは「ここだけの話、原田監督がすごく怖いんですよ。すぐ怒るんですよ。僕の映画でやらせていただいた姿は、監督そのものです」とニヤリ。「監督から『いつもの俺みたいにやればいいんだよ』と言いていただいたので、気負うことなくやらせていただいた」と振り返った。

先輩の木村については「現場に気を使ってくださる方で、取り調べのシーンって、僕のキャラクターでは重要なシーンの一つだったので、前日とかに『いつも通りやれば大丈夫だから』とメールをくださって」と感謝する。「当日も『好きなようにやってくれ』というメールをいただいて、自分のスケジュールだけじゃなく、全役者のスケジュールを把握している」と先輩の大きさについて語った。さらに西田が「でも内心、俺より前に出るんじゃねえよなんて……」と木村の心情についてジョークを飛ばすと、二宮は「どうもありがとうございました!」と話を切り、絶妙なタイミングに笑いが起こっていた。

マイナビニュース

「二宮和也」をもっと詳しく

「二宮和也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ