あやまん“新人”候補5人選出、最終決定はさくらだ卒業イベントで。

3月1日(金)17時7分 ナリナリドットコム

女性エンターテインメント集団・あやまんJAPANが2月28日、都内で「あやまんJAPAN LIVE&新人オーディション『こーこーが六本木じゃい!!!』」を行い、新レギュラーメンバーとなる候補5人を選出した。

アットホームな雰囲気の中、MCの紹介を受けて登場したのは、あやまん監督、ファンタジスタさくらだ、ルーキタエという不動のあやまんJAPANレギュラーメンバー。しかし、この日は、妊娠7か月というさくらだが台車に座り、まるで出産間近というようなスタイルで、「あ、動いた」「ラップが聞こえる」と口走り、さっそく会場からの歓声を浴びる。
先日、そのさくらだが結婚、妊娠をしたことにより、さくらだのあやまんJAPAN卒業を発表。同時に新メンバーを募ったところ多数の応募があり、この日は第1次審査を通過した12人が出演しました。

MCから「もともとあやまんJAPANには、100人以上いると聞いてましたが」と訊かれると、「減っちゃったんだよね……昔はいたのよ」と口ごもる監督。新メンバーの応募資格は、「かわいくてヤリマン(やる気満々)」で、願わくばファンタジスタさくらだの穴を埋める“おっぱい担当”を探しているという。

あやまんJAPAN新メンバー候補者がステージに登場すると、いきなり全員でもめ出すという茶番(?)があり、その後、1人ずつ自己紹介が始まった。新潟や福岡といった遠方から駆けつけた人もいて、就活生から看護師、エステシャン、そして現役であやまんJAPANに籍を置く4人と、個性豊かな顔ぶれがズラリと並んだ。

全員で「ポイポイ」をひたすら続ける「耐久ポイポイ」審査では、途中からあやまんJAPANレギュラーメンバーの3人も加わり、監督が舌を出しながらワッキー風ダンスをするなど、MCのツッコミが入るまで収拾がつかない状況に。

続いて1人30秒間ずつの自己PRタイムとなるが、肝心のレギュラー3人はイヤフォンで音楽を聞き始めるなど、小ボケを挟んでいく。

その自己PRでは、本格的なダンスやマジック、タレントの芹那のものまね、さらには自慢のバストをアピールするなど、それぞれが懸命にアピールし、質問タイムに入ると男性との修羅場エピソードを披露する者も。最後に、歌唱力チェックとして、「かえるの合唱」を輪唱で歌ったが、これまた最後はレギュラーの3人がマイクを使い、大声で歌うなどやりたい放題となった。

すべての審査が終わり、MCから新メンバー候補が固まったか尋ねられると、監督は「本音を申し上げてよろしいでしょうか。今までやってきましたけど、全くよくわかりません(笑)」と、ちゃぶ台返しのようなな発言。しかし、別室で改めて審査をすると、一旦、全員が降壇し、休憩を挟んで監督から改めて新メンバー候補者の名前が読み上げられた。

就活生のさらさらさん、水戸黄門風コスプレで登場した金玉澤さん、昼はエステシャンをしているというテクニシャンさん、看護師のりなーなさん、そしてあやまんJAPANネタ班の一員でもあるサムギョプサル和田さん、以上の5人があやまんJAPAN新レギュラーメンバー候補として、最終審査に進むことが決定した。

登場時から会場の声援を受け、存在感抜群だった和田さんは「今日のために全てを捨てて頑張ってきたので、うれしいです!」とオーバーにむせび泣き、これまた会場からの笑いと歓声を浴びることに。

そして一旦の閉幕後、アンコールの声に応えてあやまんJAPAN3人が再び登場。さくらだが「もうちょっと旦那の稼ぎがあると思ってた…」などと結婚、出産後の不安を口にするなどの寸劇に続き、最新の配信限定曲「タク代の唄」を熱唱。客席を練り歩き、養育費をねだるなどのパフォーマンスで、大盛り上がりのままライブは終了となった。

なお、正式な新メンバーは、3月14日(木)、ニコファーレで行われる「さくらだ卒業&新メンバー決定ライブ」にて発表される。

ナリナリドットコム

「あやまんJAPAN」をもっと詳しく

「あやまんJAPAN」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ