死の女神ヘラ&雷神ソーの貴重メイキング解禁

3月1日(木)14時12分 ナリナリドットコム

アベンジャーズのメンバーとして、世界中で大人気のマーベルヒーロー“マイティ・ソー”の活躍を描くシリーズ最新作「マイティ・ソー バトルロイヤル」。3月7日にはMovieNEXが登場するが、その発売に先駆け、MovieNEXに収録されるボーナス映像の中から、悪役ヘラを演じたケイト・ブランシェットと、主演を務めるクリス・ヘムズワースの魅力に迫るメイキング映像がW解禁となった。

解禁となった一つ目の映像は、名女優ケイト・ブランシェット演じるヘラのメイキング映像。「ブルージャスミン」でアカデミー賞主演女優賞に輝いた経歴を持つ彼女は、マーベル映画史上初となる女性ヴィラン(悪役)である死の女神・ヘラを演じ、大きな注目を浴びた。本人は「ヘラを演じるのは楽しかった。ヘラの能力は驚くほど高いの。独自で、単なる邪悪なキャラクターじゃない」と振り返る。悪役の“先輩”であるロキ役のトム・ヒドルストンも「マーベル映画の悪役は責任重大だが、彼女には存在感があるんだ。いるだけで圧倒される」と太鼓判を押している。彼女がVFX加工前の特殊なスーツに身を包み、筋骨隆々なヘムズワースを相手に大掛かりな格闘シーンに挑む貴重な撮影風景の様子にも注目だ。

二つ目は、本作の主役である、チーム「アベンジャーズ」で最も熱い雷神ソー演じるクリス・ヘムズワースの魅力をキャストや監督が語り合うボーナス映像。「クリスほど度量の広い役者には会ったことがない」とブランシェットも絶賛するが、その魅力には、現場の男性陣もすっかり魅了された様子だ。

ソーが迷い込んだ惑星サカールを独裁する統治者、グランドマスターを演じるジェフ・ゴールドブラムは「キュートな彼にワクワクする」とメロメロ。タイカ・ワイティティ監督も、ヘムズワースがいるから本作に興味がわいたことを明かし、「セクシーってだけじゃない。一緒にいて楽しい。面白い男だ」と全幅の信頼を寄せている。現場の様子を収めた映像から、ヘムズワースの“愛されぶり”が存分に伝わってくる内容だ。

今回解禁となったボーナス映像のほかにも、MovieNEXには制作の舞台裏や未公開シーン、キャスト陣のインタビューまで盛りだくさんのボーナス映像を収録。劇場のスクリーンでは絶対見ることができない貴重な映像ばかりだ。「マイティ・ソー バトルロイヤル」のMovieNEXは3月7日に発売、先行デジタル配信中。

ナリナリドットコム

「解禁」をもっと詳しく

「解禁」のニュース

BIGLOBE
トップへ