ビートたけしが語る絵画創作への思い 「心の有り様が出る」

3月1日(火)16時0分 NEWSポストセブン

世界のキタノの極彩色絵画(40.5×54.0cm リトグラフ)

写真を拡大

 芸人、映画監督、俳優などマルチに活躍するビートたけし(69)の創作活動のなかでも異彩を放つのが「絵画」だ。


 たけしは「オイラの絵は売らない」と公言している。他の仕事と違って誰かのオファーを受けて制作するわけではない。ビジネスや「ウケ」にこだわらず、あくまでも自分自身からあふれ出すイメージを無心に表現したもの。だからこそ「素のビートたけし」が凝縮されている。


 たけしが本格的に絵を描き始めたきっかけは、1994年のバイク事故だった。リハビリの一環が、いつしかライフワークへと昇華した。たけし本人が語る。


「事故後はなぜか天使の絵が描きたくなった。そうとうオイラも弱ってたんだろうね。絵にはその時の心の有り様が出る」


 2011年頃からは版画(リトグラフ)の制作も増えており、「彫る作業が宝探しみたいでイイんだ」という。


 映画の世界観を彷彿とさせるものから普段のギャグをイメージ化したものまで、作品の世界観は様々だ。現在、開催中の「アートたけし展」では、版画・絵画・半立体作品など約100点のほとんどが初公開。「世界のキタノ」の感性が爆発している。


◆「アートたけし展」は3月7日まで東京・松屋銀座8階イベントスクエアにて開催。その後、3月16日〜3月28日に大阪・阪急うめだ本店、4月29日〜6月5日・みやざきアートセンター、7月29日〜8月27日・金沢21世紀美術館、9月2日〜10月10日・福岡アジア美術館、2017年春・長崎県美術館など全国巡回開催予定。詳細はwww.art-takeshi.comまで。


(C)OFFICE KITANO INC.


※週刊ポスト2016年3月11日号

NEWSポストセブン

「ビートたけし」をもっと詳しく

「ビートたけし」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ