LDHが支持を集める理由 徹底して謙虚さと礼儀と礼節

3月1日(木)7時0分 NEWSポストセブン

メンバーの生き方が記された『LDH OUR PROMISE』が上梓

写真を拡大

 2月末に『LDH OUR PROMISE』(小学館)が上梓された。EXILEや三代目JSBメンバーら、人気アーティストが、胸に刻む「秘密の言葉」に加え、30人のメンバーが「それらの言葉に導かれた生き方」について語っている。アーティストに憧れ、デビューし、その後も次々に夢を追い、かなえ続ける集団「LDH」。彼らの生き方が、夢の道しるべになる──。


 2018年はEXILEの復活の年だ。1年半ぶりとなる新曲『PARTY ALL NIGHT〜STAR OF WISH〜』が、2月に配信されたのを皮切りに、7月まで6か月連続で新曲がリリースされる。今秋には3年ぶりの全国ドームツアーが発表された。


 今から9年前、天皇陛下の在位20周年を祝う式典で奉祝曲を歌ったのがEXILEだった。彼らが創り出す音楽パフォーマンスはまさに平成の世の象徴であり続け、ますますその輝きは増している。


「EXILEを中核として、“弟分”のグループが次々と台頭しています。『三代目J Soul Brothers(以下、三代目JSB)』は昨年、音楽配信で史上初めてミリオン(100万ダウンロード)を達成し、年間ドーム公演数・動員数ともに史上最多を記録した。現在、人気急上昇中なのが、その一世代下の『GENERATIONS』です。この夏には初のドームツアーも決まっています」(音楽関係者)


 世代を超えた人気グループが所属するのが、今や総合エンタテインメント企業となった「LDH JAPAN」だ。社名は、「Love、Dream、Happiness」の頭文字。EXILEのリーダーHIRO(48才)が設立し、今年で15周年を迎える。


 生き馬の目を抜く厳しい業界の中で、彼らは驚異の急成長を遂げてきた。LDH JAPANのライブの観客動員数は、会社が設立された2003年で約2万人、2016年には280万人を突破した。


◆何よりも礼儀や礼節を大切にする


 なぜLDH JAPANのエンタテインメントは多くの人の支持を集めるのか。その1つの理由が、彼らの徹底した「謙虚さ」だ。エンタテインメント業界に詳しいライターの西森路代さんが言う。


「ライブを見ていると気づくのですが、鍛えられた体で荒々しいダンスパフォーマンスを魅せる一方で、彼らはMCで必ず『敬語』を使います。アーティスト同士の会話を聞いていても、スタッフとのやり取りでも、彼らは何よりも礼儀や礼節を大切にしているように感じます」


 もう1つの理由が、「夢をかなえる力」だ。音楽評論家の田家秀樹氏が指摘する。



「HIROは10代の頃からディスコに出入りするうちにダンスミュージックへの憧れを抱き、仲間を集めてEXILEの母体となるJAPANESE SOUL BROTHERSを結成。それまで日本で軽視されていたダンスを、彼らしいやり方で洗練させて、1つのエンタテインメントとして確立させました。今では小中学校でダンスが必須科目になっていますが、それは紛れもなくHIROとLDHの功績です。


 HIROのサクセスストーリーもさることながら、『夢をかなえる』という彼の信念・イズムが所属アーティストに徹底して受け継がれていることに、若者は共感し、憧れるのではないでしょうか」


 ただ歌うこと、踊ることが好きだった青年が、血のにじむような努力をして、華やかなステージに上がる。たとえば、三代目JSBの今市隆二(31才)は、歌手になるためのボイストレーニングの費用を稼ぐために職人の仕事をし、2010年のオーディションで同グループのボーカルに選ばれた。


 デビューという「夢」を実現した後も、彼らはまだ「夢」を追い続ける。三代目JSBのELLY(30才)はもともとパフォーマーだが、ヒップホップアーティストとしても活躍したいという夢をかなえ、CRAZYBOY名義でCDデビューも果たした。EXILE TETSUYA(37才)はパフォーマーとして活躍する傍ら、早稲田大学大学院に通い、スポーツとしてのダンスの可能性を探っている。


 バブルが崩壊して約30年。長引く不況で、日本人は経済的に自分の人生に成長曲線を描くことが難しくなった。若者は閉塞感を感じ、どこか冷めたイメージの「さとり世代」という言葉まで定着した。


 LDHの「夢をかなえる力」は、そんな今時の若者像とは真逆だ。だからこそ強烈であり、新鮮であり、憧れの存在になり得るのだろう。LDH JAPANの石井一弘さんが言う。


「所属する若いアーティストたちには、HIROやEXILEメンバーをはじめ、先輩アーティストたちと密にコミュニケーションをとれる環境があります。そして先輩たちの背中から、謙虚であることや夢を追うことの姿勢を学び、何よりもトップアーティストでありながら謙虚であるという姿がカッコいいと感じています。そうした価値観が受け継がれてきたのは、社内のスタッフやアーティストが想いや志を共有するための1冊の本、『LDH OUR PROMISE』(原書)の存在が大きいのかもしれません」


※女性セブン2018年3月15日号

NEWSポストセブン

「LDH」をもっと詳しく

「LDH」のニュース

BIGLOBE
トップへ